次期スバル インプレッサ セダン コンセプトのLAショー画像まとめ集

2016年から米国工場(インディアナ州)で生産を開始

 米国ロサンゼルスオートショーでスバルはインプレッサ セダン コンセプトを初公開した。インプレッサは、5億ドルを掛けてSIA(スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ= Subaru of Indiana Automotive, Inc.)を増設し、2016年中には現地生産を開始する。これによりアウトバックの安定供給にも寄与するとみられる。
恐らく今回発表されたインプレッサのデザインコンセプトの市販モデルでの市場投入は、2016年秋〜冬にかけてではないかと予想されている。MH01504010
スバルとしては、2020年のグローバル連結販売台数予測として、最重点市場の北米で60万台を確保したい考えだ。スバルのエントリーモデルであるインプレッサが、間違いなく北米市場の今後のカギを握ると言って間違いない。

  

 アメリカを中心に開催されているレッドブルGRC(レッドブル・グローバル・ラリークロス)選手権に出場しているロサンゼルス・スバルは、8月に発表した新しいカラーデザインのSTI Rally Team USA GRCを展示している。

 



スバル公式ホームページ

諸元表
車名 インプレッサ
グレード セダンコンセプト
全長×全幅×全高 (mm) 4555×1880×1453
ホイールベース (mm) 2670
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---[---]
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---[---]
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 235/40R19/235/40R19
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---