[速報]鈴鹿サーキット スーパーフォーミュラ・テスト(初日午前)

[速報]鈴鹿サーキット スーパーフォーミュラ・テスト(初日午前)

マクラーレン・ホンダF1の秘蔵っ子 S・バンドーンも急遽参加

 国内最高峰にして、アジア地区に於いても最速と思われるレーシングカーが、スーパーフォーミュラだ。今年まではブリヂストンの1社提供で行われていたが、来年からは横浜タイヤのワンメイクとなる。その第一回目のテスト走行が、三重県鈴鹿サーキットで11月25〜26日の二日間行われる。

 朝9時から始まった全日本スーパーフォーミュラ選手権エンジンメーカー/ルーキーテストは、曇り空の中、20台のマシンが続々とコースイン。ヨコハマタイヤとしては、初の合同テストとなった。噂通り、マクラーレン・ホンダF1のリザーブドライバーで、本年度GP2チャンピオンのストフェル・バンドーンもDOCOMO DANDELIONの40号車に乗り込みコースイン。ジャスマン・ジェファー、リッチー・スタナウェイ、ニック・キャシディ、そして関口雄飛といったスーパーフォーミュラ初体験のドライバーたちも積極的にコースインし、周回を重ねた。

【関連記事】クルマの進化を支える100年の歴史を持つ「ZF」の技術力

12305666_931460673557493_463467293_n

 途中、赤旗が5回も出るほど各車積極的にアタックを繰り返したが、序盤からセッションをリードしたのはLENOVO TEAM IMPULのジョアオ・パオロ・オリベイラ。最終的に1分37秒831のタイムをマークして午前中のセッションを終えた。このタイムは、今季最終戦のレース2でのポールタイムを上回るタイムだ。

  

 2番手に続いたのは、TEAM無限の山本尚貴。1分38秒331のタイムをマークし、3番手には新チャンピオン、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が1分38秒574で続いた。

 ルーキー勢で最速タイムをマークしたのはLENOVO TEAM IMPULの関口雄飛。1分38秒948のタイムで7番手につけた関口は、「もう1周アタックに行こうと思ったら赤旗が出て、最後のアタックは雨が降ってきたのでやめました。0秒5はすぐに短縮できると思います」と初挑戦のスーパーフォーミュラに対して自信を深めていた。

新たにスーパーフォーミュラのタイヤをワンメイク供給することになった横浜タイヤ。ADVAN銘柄で国内トップフォーミュラから撤退しておよそ20年目にして、復帰となった。テスト初日としては順調すぎるほどで、さらにタイムもブリヂストンとまったく遜色無いといえるタイムをいまのところ出している
新たにスーパーフォーミュラのタイヤをワンメイク供給することになった横浜タイヤ。ADVAN銘柄で国内トップフォーミュラから撤退しておよそ20年目にして、復帰となった。テスト初日としては順調すぎるほどで、さらにタイムもブリヂストンとまったく遜色無いといえるタイムをいまのところ出している

 注目のGP2チャンピオン、ストフェル・バンドーンは1分39秒904で17番手。「GP2に比べるとタイヤが全然違うのと、ダウンフォースがこのマシンのほうが断然高い。パワー的には大きな違いはないが、コーナーリング速度はスーパーフォーミュラのほうが速いし、もしかしたらセクター1はF1より速いんじゃないかな?」と語り、午後の走行に闘志を見せていた。同じくGP2モナコウィナーのリッチー・スタナウェイは「正直、なめていたかも知れないね。マシンはGP2より、むしろステップアップした感じだ」と語った。

 午後のセッションは、午後1時30分から午後4時まで予定されている。

JRP公式ホームページ

画像ギャラリー