トヨタが国際パラリンピック委員会とスポンサー契約を締結 (1/3ページ)

トヨタが国際パラリンピック委員会とスポンサー契約を締結

2024年までワールドワイド・パラリンピック・パートナーをグローバル支援

 トヨタ自動車が国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee以下、IPC)と、2024年までのIPC「ワールドワイド・パラリンピック・パートナー(Worldwide Paralympic Partner)」スポンサー契約を締結、パレスホテル東京で発表会、および調印式を行った。

【関連記事】【ムービー】トヨタMIRAI(FCV・燃料電池車)が走った!

メインカット
IPC「ワールドワイド・パラリンピック・パートナー(Worldwide Paralympic Partner)」スポンサーは、パラリンピックの最高位レベルのグローバルスポンサーシッププログラムで、期間は東京パラリンピックを含む、2016年〜2024年(2016年の権利対象国は日本のみ。2017年からはグローバルの権利)までの、夏季・冬季パラリンピック大会および関連活動においてグローバルで支援を行なう。

パートナーシップ契約を結んだトヨタ自動車 豊田章男代表取締役社長(左)と国際パラリンピック委員会 フィリップ・クレイヴァン会長(右)
パートナーシップ契約を結んだトヨタ自動車 豊田章男代表取締役社長(左)と国際パラリンピック委員会 フィリップ・クレイヴァン会長(右)

画像ギャラリー