ミニバンの純正オーディオの音を格段に良くするアイテムとは? (1/2ページ)

ミニバンの純正オーディオの音を格段に良くするアイテムとは?

純正のシステムにそのまま装着可能なサウンドアイテム

 一般的なサウンドチューニングというと、スピーカーやツイーター、アンプの交換&追加でグレードアップしていくものだが、ひと味違うセットアップが話題になっている。それがレイヤードサウンドというアイテムで、純正のサウンドシステムにプラスするだけで音質が激変するという。

ワゴニスト

 ドライブ中の音楽を上質なサウンドにしてくれるオーディオパーツとして注目されているのが、レイヤードサウンドだ。これは純正で装着されているサウンドシステムはそのままに、サウンドドライバとアンプなどを追加することで車内が極上のオーディオ空間に変身させるというものだ。取り付けは認定施工店で予約をすれば、最短で日帰りで取り付けすることも可能だ。

 このレイヤードサウンドには、4チャンネル仕様と2チャンネル仕様がラインアップされている。室内空間が大きいミニバンに最適なのは4チャンネル仕様だろう。
4チャンネル仕様では前席の両側のAピラー部分の内部(内側)にサウンドドライバを取り付ける。後部座席は2列目シートの前方の天井くらいに2個装着するのがベスト。もちろん内張りの内側に取り付けるために、施工後の見た目は純正とほぼ変わらない。下取り等を考えて純正のインテリアを崩したくないユーザーにも最適な施行だ。

 このサウンドドライバには振動体が内蔵されており、それをピラーの内側や天井の内張りに密着させることで、音がピラーや天井などの内張りを伝ってそれら全体で空間を包み込むような感じに曲を奏でる。運転席ならフロントウインドウの前方から聞こえるような、臨場感のある音響空間を提供してくれる。

画像ギャラリー