ホンダ・レーシング・サンクスデーのドリーム企画[まとめ画像] (1/3ページ)

ホンダ・レーシング・サンクスデーのドリーム企画[まとめ画像]

パドックや特設会場に展示されていたマシンを一挙総覧!

 1万8000人というホンダファンがもてぎに訪れ、大盛況の中で終了したホンダ・レーシング・サンクスデー。1年間のファンの応援に対して感謝の意を込めて行われるホンダレース活動のイベントだ。2015年は、モトGPで活躍するのマルク・マルケス選手やダニー・ペドロサ選手、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソ選手が登場し大いに会場を盛り上げた。WEB CARTOPでは、伝説のマシンや2015年シーズンを闘ったレーシングマシンなど新旧の貴重な展示車両や当日の雰囲気、さらにはキャンギャルのまとめ画像をお届けしたい。

ホンダHPより
モトGPチャンピオンのM・マルケスがスーパーGTのNSX CONCEPT-GTに乗り、F1ドライバーのF・アロンソがモトGPマシンに乗るというサプライズ企画が最後に。 これが出来るのは世界でホンダだけ(写真:ホンダHPより)
ホンダHPより
佐藤琢磨がホンダRA301に乗り、F・アロンソがマクラーレン・ホンダMP4/6に乗り込みパレードラン。その時代時代にホンダが関係するF1があることを感じさせるシーンだ(写真:ホンダHPより)
ホンダHPより
2015年4月に販売が開始されたS660は、この日全国からオーナーが駆け付け、103台(!)のパレード走行を披露した(写真:ホンダHPより)

 <F・アロンソのマクラーレン・ホンダMP4/6試乗コメント映像>

画像ギャラリー