プラモデルより簡単なスチール素材のナノパズルが凄い!

プラモデルより簡単なスチール素材のナノパズルが凄い!

無骨でメタリックなハコスカGT-Rとフェアレディ240ZG!

 メタリックナノパズルをご存じだろうか? 超精密なレーザーで切り抜かれたスチール素材をパズルで組み立てるというシンプルなものだ。接着も溶接もハンダ付けも不要なパズルには、昆虫をはじめ東京スカイツリーや小惑星探査機はやぶさもあるという。そのバリエーション展開の中に、日産スカイラン2000GT-Rこと「ハコスカGT-R」と「フェアレディ240ZG」がある。ちなみに、シリーズのどの完成品も手のひらに収まるサイズとなっており、メタリックナノパズルの価格は一番安価な880円から、高くても2100円と手頃なところも魅力といえる。

TMN38

 メタリックナノパズルを製作する上で用意しておきたいのは、ラジオペンチとハサミ、ピンセットで、これらがあると便利で作りやすい。メタリックナノパズルはパーツを取り外し、ペーパークラフトのように曲げたり、差し込んだりしながら製作していく。細かい作業で根気がいるが、誰でも組み立てられる(対象年齢は15歳以上となっている)。

 ラインナップには、身近なところでスカイライン2000GT-Rとフェアレディ240ZGの2種類が用意されている。価格はどちらも1300円(税抜き)となっている。また、ホームページでは二車種の360度ビューが見られる。(ハコスカ360度ビュー240ZG360度ビュー
この冬、自分へのクリスマスプレゼントにいかがだろうか?TMN39

 欲しいと思った方はこちらへクリック

画像ギャラリー