ドライブ中はアヒル隊長がドライブレコーダーで監視[人気過熱]

ドライブ中はアヒル隊長がドライブレコーダーで監視[人気過熱]

車内が楽しくなるアヒル型ドライブレコーダーが超人気!

 いまや標準装備と言ってもいいほど、ドライブレコーダー(以下:ドラレコ)をクルマに搭載している。その理由として、いざという時に録画した映像こそが真実であって、下手に口で言うよりも証拠になるからだ。万が一の事故の際には、ドラレコがあるとないとでは大きく損害比率が異なってくるケースもある。そこで、今回は、ちょっと変わったドラレコをご紹介しよう。

【関連記事】【売れ筋最前線】いま売れているドライブレコーダーのマルチ機能!

dvr-d002

 ドライブレコーダーで人気が高まっているMAXWINから発売している、アヒル型ドライブレコーダーが人気だ。一見、お風呂にいれるアヒル隊長かと思ってしまうが、立派なドラレコだ。そのアヒル隊長が、クルマの中で徹底的な瞬間を逃さずに録画してくれる。

 かわいいアヒルのデザインからは想像できないほど、高性能で音声録音にも対応し、フルHD1080ピクセルの高画質で録画してくれる。エンジン連動機能も付いているので、エンジンスタートと同時に電源が立ち上がり録画が開始される。残念ながらグエッなどの起動音は発生しない。また、動体検知機能も搭載しているためカメラの前で動作するものがアルト自動で録画を開始する。電源はシガーアダプターで電源をとることが可能なので、ドラレコのバッテリーの心配は無い。さらに、ループ式連続録画でカードが一杯になっても古いファイルから上書きをしてくれたり、赤外線ライトも装着し夜間の撮影も大丈夫だ。ちなみに、赤外線なのでライトの光は目で確認が出来ない。

 モニターやテレビなどに出力できるので、大画面で確認することも出来るが、別途接続ケーブルが必要なので注意をして欲しい。価格はアマゾンで6980円となっているので、同じクラスの性能にしては割安となっている。使い方によっては、サーキットでのインカーとしても使用できるのでドラレコはこの先も重宝することになるだろう。もっとも、アヒルに見られながらの走行は微妙ではあるが……。

〈スペック〉

  • モニター:1.5インチLCDカラー液晶
  • 録画解像度:1080FHD/1080P/720P/WVGA/VGA/QVGA
  • カメラ視野角:水平視野120度広角
  • 録画モード:ループ録画/モーション検知録画
  • ビデオフォーマット:AVI
  • メモリカード:microSDカード(最大32GBまで対応)
  • 電源:DC12V/24V(5V 800mA)
  • サイズ:約120(W)×73(D)×100(H)mm

 価格はアマゾンで6980円! 公式ホームページでもチェック

画像ギャラリー