肉をたらふく食うという幸せ![街道沿い食堂2] (1/2ページ)

肉をたらふく食うという幸せ![街道沿い食堂2]

見た瞬間からヨダレが出てしまう美しいお肉!

 迫力orボリューミー……、この店ほどこの言葉が似合う店はない。いや! “迫力”だけじゃまだ物足りない。“ド迫力”、“弩迫力”。ここまで書いて、この店の本質にやっとどうにか近づいたってくらい、ドドド迫力のメニューを出す店。それが関越自動車道・赤城ICから1分ちょっとにある『牛すじ家』だ!!

タレで焼いたこぼれんばかりの豚肉でご飯がすすむ! これで770円なのでコストパフォーマンスも高く、豚肉の残量を気にせずガツガツ食える一杯だ
タレで焼いたこぼれんばかりの豚肉でご飯がすすむ! これで770円なのでコストパフォーマンスも高く、豚肉の残量を気にせずガツガツ食える一杯だ

 とにかく卓上の写真入りのメニューを見てまず驚愕した。“ジャンボシリーズ”と銘打たれたメニューが3種類あるんだけど、その写真のなかの肉の量がとんでもないのだ!! 『ジャンボステーキ定食(1450円)』。『ジャンボ豚ロース定食(1050円)』。『豚丼(770円)』。

 壁のメニューにはジャンボステーキ定食の肉の量が『400g以上』と書かれている! つまりは400g以上の肉塊を、焼肉ロースターで焼いて食べる定食だ。

 

[ジャンボ豚ロース定食]おもわず切り方間違えていませんか? と聞き返してしまうそうになる豚ロースの厚みに注目! この両食べきれるかと思いきや、あっという間に間食してしまった
[ジャンボ豚ロース定食]おもわず切り方間違えていませんか? と聞き返してしまうそうになる豚ロースの厚みに注目! この両食べきれるかと思いきや、あっという間に間食してしまった

画像ギャラリー