無法自転車からディフィート問題まで国沢光宏が斬る! [まとめ記事]

無法自転車からディフィート問題まで国沢光宏が斬る! [まとめ記事]

幅広い知識を持つ国沢光宏さんによる時代を読むコラム!

 2015年も多くの方に執筆していただいた。中でも国沢光宏さんの時代を斬る原稿は、書く記事ごとに大反響となった。そこで2015年に皆さんに読まれた記事の中から、上位3題をお届けしたい。

 2015年6月1日から施行された道路交通法の改正で大きく変わったのが、自転車の交通ルールだ。しかし居酒屋の前に並んで止まっている自転車も全く減らない。二列で並走して走る自転車や、歩道をフルスピードで走る自転車もまだまだいる。そこで、国沢さんが思ったこととは? 4378fb90463c6eb8bad5d5e6333b7f5e_m

 さらに道路交通法の改正後、大阪で2枚の反則切符を切られた違反者が出現。「マンツーマンの講習になる」とか「膝詰めの説教か?」といった珍事扱いのニュースになっていた。そもそも警察は、こんなに早い段階で2回も違反を繰り返す自転車乗りなどいないと考えていたようである。さて、国沢さんはどうとらえたのか? 6ad597de6fd3c90947b28794fdf4dae4_s

 今年、一番の話題となった、VWディーゼル車両から不正排気ガスNOx。NOxは、光化学スモッグの原因物質になるという。1972年代には練馬区の中学校(国沢さんがPTA会長を務めた)で校庭に居た生徒がバタバタ倒れるというほど、極めて強烈な健康被害を出したという。その経験を踏まえて、国沢さんは、こう斬ったunnamed-e1443091948938

画像ギャラリー