大好評だった2015年痛快F1コラム[まとめ記事]

大好評だった2015年痛快F1コラム[まとめ記事]

毒舌文でたちまち人気となったF1コラムの再掲載!

 ホンダF1活動第4期となった2015年。ホンダとしては7年ぶりに「マクラーレン・ホンダ」として復活を遂げた、ドライバーにフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンという元チャンピオンコンビで2015年シーズンに挑んだ。WEB CARTOPでは、F1を中心に活動した元F1ジャーナリストの川喜田研さんに9月から執筆をお願い。そこで、2015年に読まれた「毒舌コラム」のベスト3を再掲載。

「GP2エンジンだ、こりゃGP2だよ!」。決勝中、鈴鹿サーキットのホームストレートで圧倒的なスピード差で後続車にぶち抜かれ続けたマクラーレン・ホンダに乗るフェルナンド・アロンソ。そのアロンソが無線で叫んだ一言が、2015年のF1日本グランプリの「ホンダの実力」を大きくクローズアップした。

【関連記事】[F1日本グランプリ]パドックで見たレジェンドたちを一挙公開

f1150926003H-e1443416890548

 2015年のF1イタリアGPの中継を見ていた執筆者は耐えきれなくなってテレビを消した。バトンとアロンソ、後方グリッドから好スタートを切った2台のマクラーレン・ホンダだったが、その後は次々と後続車に抜き去られていった、そこで執筆者の川喜田は思わず……

f1150525001H一年を通して、いや、最終戦を前についに耐えきれなくなった川喜田は、思わず本コラムで「ホンダへの判決文」を書いた。それは決別とも言える内容に近く、インターネット上でも大きな反響を読んだ。果たしてその内容とは?

Interlagos, Sao Paulo, Brazil. Friday 13 November 2015. World Copyright: Glenn Dunbar/LAT Photographic. ref: Digital Image _89P3222

画像ギャラリー