スバル新型XVはインプレッサとは違った世界観を演出するクルマ (1/2ページ)

スバル新型XVはインプレッサとは違った世界観を演出するクルマ

スバルは予防安全性能評価で全車種、最高ランクを取得!

 SUBARU XVといえば、スバルのSUVシリーズの中でもっともコンパクトなモデル。インプレッサSPORTをベースとしながらも、オーバーフェンダーや専用の前後バンパー。さらにXVを特徴づける専用デザインのホイールなどで、インプレッサとはまた違った世界観を演出している。

【関連記事】[ムービー]日本で買えないロードスター2.0とレガシィ3.6R緊急試乗

1

 POPなボディカラーと扱いやすいサイズで人気を博したXVが大幅改良されたのは記憶に新しいが、このたび一般公道でその走りを試す機会を得た。従来モデルもSUVでありながら、スバルならではの低重心パッケージにより200mmのロードクリアランスを確保しつつ、類まれなるハンドリングを実現し好評を博している。

 今回の大幅改良では内外装のリファインだけでなく、先進安全装備「アドバンストセイフティパッケージ」の展開、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグの全車標準装備がトピックとなる。しかし、スバルマニアとして注目すべきは乗り心地を含めた足回りの改良。従来モデルよりさらに磨きを掛けたシャシー性能に注目したい。

画像ギャラリー