箱根駅伝から学ぶ自動車の歴史展をMEGA WEBで開催 (1/4ページ)

箱根駅伝から学ぶ自動車の歴史展をMEGA WEBで開催

東京お台場のMEGA WEBヒストリーガレージにて展開中

 2016年で第92回を迎える箱根駅伝。毎年1月2日と3日に行われている。その92回目を迎える箱根駅伝を前に東京都江東区にあるMEGA WEBで「箱根駅伝名勝負と車たち」をテーマにした展示が行われている。展示は期間限定の2016年、1月11日(月)までだ。

【関連記事】スプレンドーレ榛名&86ピクニック2015

メガウェブ_132

 箱根駅伝の創設の原動力となった、マラソンの父と呼ばれる金栗四三(かなぐりしそう)さん。その金栗さんの「世界に通用するランナーを育成したい」という思いから始まった。

 MEGA WEBでは、「箱根駅伝」でたすきをつなぐ選手たちの姿と、過去から現在までのクルマの進化を重ねあわせ展示している。「箱根駅伝と自動車の歴史を身近に感じてもらいたいと思い企画しました。」とMEGA WEBのスタッフは言う。展示車両は、T型フォードを始め、トヨタ・クラウンやカローラ、日産セドリックなど各時代を象徴する国内外の自動車メーカー。
まずは時代に代表される車両10台を写真で紹介したい。(展示車両は開催時期によって変更)

「箱根駅伝名勝負と車たち」
入場:無料

場所:メガウェブ内ヒストリーガレージ2F
時間:11時から21時まで

画像ギャラリー