土屋圭市バナー

土屋圭市と鈴木亜久里の熱き友情から生まれた黄金コンビ (3/3ページ)

亜久里仕様のマシンでもタイムが出せる土屋圭市の秘密

「スーパーGTは同じマシンに交替で乗る。でも、オレがセッティングしたマシンだとアグちゃんは『オーバーステアが強くて乗れない』っていう。だからマシンのセットアップは基本アグちゃんに合わせて、オレがドライビングをマッチさせて乗っていた。ほとんどのドライバー、中でもフォーミュラ出身のドライバーは弱アンダーステアを好むんだよね。そしてステアリングでクルマを曲げる。オレはフロントが入って曲がったらアクセルでコントロールするイメージ。アンダーステアのクルマは、曲がる速度まで車速を落としてコーナーに入るんだけど、オーバーステアだとオーバースピードで入ってリヤを回り込ませてコントロールすることができる。弱アンダーのクルマはフロントタイヤへのダメージが大きいこともあって、オレはオーバーが好きなんだ」 。

「国さんのことはまったく憎んでないよ。憧れの人だしね!」と語る土屋さん。国さんと土屋さんの師弟関係も永遠のものだ
「国さんのことはまったく憎んでないよ。憧れの人だしね!」と語る土屋さん。国さんと土屋さんの師弟関係も永遠のものだ

 そんな亜久里さん好みのセッティングで走っても、土屋さんは自分向けにセットアップされたマシンと同じようなタイムで走れたという。 「カートからフォーミュラで歩んできたドライバーに比べて、オレは量産車も含めて本当に色々なクルマに乗ってきた。だから自然に適応力ができたのかもしれない。それにプロになってからも毎日のように何かに乗って走り回っているからね。レースウイークだけ走るレーシングドライバーに比べて、何十倍もクルマに乗っていることになる。それがセッティングが好みじゃなくてもタイムが出せることに繋がっているのかな」 。そんな土屋さんの適応力を目の当たりにするシーンがあった。また、別の機会に紹介しよう。

画像ギャラリー


新着情報