GC8インプレッサにBMW M5のエンジンを搭載した過激映像

GC8インプレッサにBMW M5のエンジンを搭載した過激映像

スバリストは微妙なインプレッサBMWのパフォーマンス

 スバルといえば、思い浮かぶのが水平対向エンジン。ピストンを左右に水平に配置した独特のレイアウトから、ボクサーエンジンと呼ばれ親しまれている。だがスバル・インプレッサに搭載されていたエンジンを載せ替え、BMW M5の5リッターV型10気筒エンジンを搭載するマシンが登場する動画を発掘した。インプレッサ

 2004年に登場したBMW M5はV型10気筒エンジンを搭載、自然吸気ながら最高出力は507ps、最大トルク53.0kg-mを発揮。リミッターが作動しなければ最高時速は300km/h。0-100km/hはわずか4.7秒という箱形スーパーセダンで、まさにスーパーカー並の性能を発揮する。インプレッサ

 そのエンジンをスバル・インプレッサに無理矢理(?)押し込んだ。インプレッサのコンパクトなボディをミニサーキットで華麗に振り回しながら、ドリフトをしている姿と音にしびれてしまう。

画像ギャラリー