1960年代TN対決で活躍した日本GPのマシンたち[トヨタvs.ニッサン]

1960年代TN対決で活躍した日本GPのマシンたち[トヨタvs.ニッサン]

日本に本格的レーシングカー時代が到来!

 1962年に鈴鹿サーキットが完成、翌63年に第1回の日本GPが開催され、我が国の近代モータースポーツが始まった。66年にオープンした富士スピードウェイで行われた第3回日本GPでは国内メーカーが本格的なレーシングスポーツを製作して参戦、国内でのレース人気も一気に盛り上がっていった。ブームをけん引したのはトヨタと日産の両雄。グループ6のR380で、まだ日産に吸収される前のプリンスがポルシェ・カレラ6を破ったことも、ブームが巻き起こる一因となったが日本GPは69年で休止となり国内レース界に水を差してしまった。

★国産初の本格レーシングマシン★
1966 Prince R380 Gr.6 Type R380 A-1

 まだ日産自動車に吸収される前のプリンス自動車は、1964年に鈴鹿で行われた第2回日本GPで敗北を喫したポルシェに一矢報いようと、国産初の本格的レーシングカーを製作した。そのマシンがFIAのグループ6として公認されたプリンスR380。目指していた65年の日本GPは開催されなかったが、翌66年に新装なった富士スピードウェイで第3回日本GPが開催され、再びポルシェと会い見えることになる。ただしポルシェは最新マシンのカレラ6ながらプライベートエントリーで、チーム力の差もあってR380が優勝、64年の雪辱を果たすことに。NISMO FESTIVALなどでもよく見かけるが、座間の日産ヘリテイジコレクション(座間記念庫)にて撮影。

【関連記事】[自動車博物館探訪]F1とル・マンを制したフランスの名門マトラ:レース編①

ph040101_1966_Prince R380 Gr.6 Type R380 A-1 the Winner of '66 the 3rd Japanese GP_IMG_6951

★可動式リアウイングが目を惹いた★
1968 Nissan R381 Gr.7 Type R381

 1966年の8月にプリンスを合併した日産は、67年の日本GPにはR380の進化版で出場したが、今度はポルシェに敗れてしまう。そこで68年の日本GPに向け、よりポテンシャルを高めたレーシングマシン、グループ7の日産R381を開発した。当初はグループ6としてクローズドボディで開発されたが、日本GPのレギュレーションが変わってグループ7でも参加可能となり、オープンにコンバート。エンジンも、自社開発のV12を搭載する予定だったがこちらは開発が間に合わず、テスト段階から搭載していたシボレーV8のまま68年日本GPで優勝した。2011年のNISMO FESTIVALに向けてレストアされ日産ヘリテイジコレクションに収蔵されている。ph040201_1968_Nissan R381 Gr.7 Type R381 the Winner of '68 Japanese GP_IMG_6960

★自社開発のV12で日本GPを連覇★
1969 Nissan R382 Gr.7 Type R382

 日本GPの連覇を目指して1969年に日産が開発したレーシングマシンがR382。FIAのカテゴリーで言うなら最強のレーシングスポーツ、グループ7ということになる。前年のR381で最大の特徴だった可変式のリアウイングが規則で禁止となったために、外観は一新された印象があるが、基本コンセプトとしては正常進化の範疇にある。搭載するエンジンはR381の後期モデルにも載せられていた自社開発のV12だったが、当初は5リッターのGRX-1でエントリーしていたものを直前になって6リッターのGRX-3に変更。ライバルから不評を買ったがレースでは圧勝することになった。2004年にレストアされNISMO FESTIVALでお披露目。その後座間記念庫に収蔵されている。ph040301_1969_Nissan R382 Gr.7 Type R382 the Winner of '69 Japanese GP_IMG_7629

★日本GP中止で実戦デビューを果たせず★
1970 Nissan R383 Gr.7 Type R383

 日産R380シリーズの集大成となったモデルが1970年に完成したR383。これもFIAのグループ7として開発されている。日本GPの3連覇と、その先に北米を転戦するスポーツカーレース、CanAmシリーズ参戦を目指しており、エンジンも前年のGRX-3を、最高出力700馬力までチューニングした自然吸気版に加えて、これをツインターボでチューニングした仕様も計画、こちらは900馬力が見込まれていた。しかし排気ガス対策が急務となったとして70年の日本GPをパス…結局イベントそのものが中止となった…し、そのままお蔵入りとなる。76年に記者発表され、2006年にレストアされNISMO FESTIVALで一般に公開、座間記念庫に収蔵されている。ph040401_1970_Nissan R383 Gr.7 Type R383_IMG_6965

★国内初のターボチャージャーを装着★
1970 Toyota New 7 Gr.7 Type578A

 1968年の3リッター仕様は5リッターのR381に、69年の5リッター仕様は6リッターのR382に、と直前になって排気量拡大を修正申告した日産のR380シリーズに優勝をさらわれてきたトヨタが、70年の日本GPに向けて用意したマシンがトヨタ・ニュー7。排気量自体は5L V8で前年モデルに搭載されていた79E型と基本設計は同じだったが、91E型と呼ばれる最新バージョンはギャレット製のツインターボでチューニングされ、最高出力は公称800馬力。一説によると1000馬力近くは出ていたとも。また79E型を搭載したモデルもあった。年末恒例となったTOYOTA GAZOO Racing FESTIVALで常連となった。白地にオレンジがターボ仕様で、白地に青が自然吸気仕様となっている。ph040501_1970_Toyota New 7 Gr.7 Type578A_IMG_9611ph040502_1970_Toyota New 7 Gr.7 Type578A_IMG_9596

画像ギャラリー