ル・マンに挑んだ日本の勇敢なチャレンジャーたち[トヨタ/日産/マツダ] (1/2ページ)

ル・マンに挑んだ日本の勇敢なチャレンジャーたち[トヨタ/日産/マツダ]

日本車初のル・マン総合優勝を果たしたマツダ787B!

 1971年に公開された『栄光のル・マン』によって、特に日本国内で知名度が急上昇。モナコGPやインディ500マイルとともに世界三大レースとも評されるようになったル・マン24時間は、1923年に第1回大会が開催された、スポーツカーレースの中でも屈指のクラシックイベント。もちろん、それ以前からメーカーのレースカー開発担当者の中には、ル・マンに参戦することを目標に掲げる技術者もいたが、実際に形を見せ始めたのは70年代の半ばから。プライベートチームが先駆けとなり、やがてメーカーチームもル・マン詣でを始めることになる。

  

★トムスと童夢が火をつけたトヨタのル・マン参戦★
1994 Toyota 94C-V & 1988 Toyota 88C

 トヨタのル・マン・プロジェクトは、童夢とジョイントして1980年に初参戦していたトムスの支援から始まった。85年にはエンジンを供給することになり、そして87年からはトヨタ・チーム・トムスとしてエントリー。さらに88年からは国産として初のカーボンモノコックを持ったマシンを投入、エンジンも新開発の3.2リッターV8ツインターボが搭載されていた。ここから全開で総合優勝を狙っていったトヨタだったが、やはり簡単にはいかず。94C-Vがプライベートに託された94年シーズンも終盤までトップを争っていながらあと一歩及ばず2位で終えた。#1の94C-Vはル・マンのサーキット博物館、#38の88Cは高知県香南市にある四国自動車博物館で撮影。

Toyota-88C-Denso-Works-machine
Toyota-88C-Denso-Works-machine
Toyota 94CV
Toyota 94CV

★新規定のカテゴリー1にもトヨタは力が入っていた★
1992 Toyota TS-010 Le Mans & 1993 Toyota TS-010 Le Mans

 1991年からグループCの規定が様変わりした。新たに設けられたカテゴリー1=エンジンは3.5リッターの自然吸気のみ、が主流となり、これまでのターボ・エンジンでは全く歯が立たなくなってしまうのだ。そこでトヨタは、前年までのターボ車をプライベートに託し、ワークスは新エンジンを開発するところから再スタートを切ったのだ。こうして用意された新型車両がTS010。91年シーズンの最終戦にスポット参戦し、翌92年からはフル参戦となった。その92年シーズンの開幕戦で幸先よく勝ったものの、その後は苦戦。ル・マンも92年に2位、93年は4位に留まった。#33の92年仕様は国内のイベントで、#38の93年仕様はオランダの国立自動車博物館で撮影。

Toyota TS-010 Le Mans
Toyota TS-010 Le Mans
ph060202_1993_Toyota TS-010 Le Mans_IMG_2846
Toyota TS-010 Le Mans

画像ギャラリー