2014~15年のスーパーGT500仕様GT−Rミニカーが1月18日に発売!

2014~15年のスーパーGT500仕様GT−Rミニカーが1月18日に発売!

手のひらサイズの1/64だが、小さくても出来映えは本格派!

 大阪のホビーメーカー「エフトイズ・コンフェクト」が2014、2015年に国内トップレースであるスーパーGTシリーズに参戦したGT-R、4チーム/8台のプラスチックミニカーを沖縄を除き、2016年1月18日(月)に発売する。

【関連記事】UCC缶コーヒーを大人買いして「日産Rシリーズ」5台徹底検証!

gtr-2_pkg

 国内で最も人気が高い「スーパーGT」レース。最高峰のGT500クラスは日産GT−R/トヨタRC-F/ホンダNSXが凌ぎを削るが、2014、2015年シーズン連続して、MOTUL AUTECH GT-Rがシリーズを制覇するなどGT−Rは他メーカーを圧倒した。

 エフトイズ・コンフェクトはその2シーズンに参戦した「MOTUL・AUTECH」「カルソニックIMPAL」「D’station ADVAN」「S Road MOLA」の全チームのマシンをモデル化し、発売する。サイズは1/64とコンビニ等で発売されるミニカーとほぼ同じ。手のひらサイズなので全種類を集めてもスペースを取らないのも魅力的だ。台座も付属しているので、スッキリとしたディスプレーが可能なのも嬉しい。

 特徴的なのは素材で、一般的なダイキャスト(鋳物金型製法)ではなく、プラスチック製を採用している点。プラスチックは成型しやすく、エッジなどがキレイに出るため、ダイキャストに比べると全体にシャープな印象。複雑な造形もしっかりと作り込まれており、再現性はかなり高い。コレクターも納得の出来映え。
カラーリングやエアロパーツ、ステッカーなど年式による違いも忠実に再現されており、2台を見比べてその差を捜すのも面白い。ただし、ケースに何が入っているかは空けてからのお楽しみで、同じクルマがダブってしまったりするのはご愛嬌。開ける瞬間のドキドキ感もまた楽しみのひとつだろう。コンプリートを目指して大人買い、っていうマニアも多いそうだ。取り扱いはホビーショップ、模型店、専門店、そして全国のサークルKサンクスでも発売される。856円(1個/税込み)

画像ギャラリー