日本レース写真家協会の「フォトジェニック2015」が決定!

日本レース写真家協会の「フォトジェニック2015」が決定!

四輪は「チームインパル」、二輪は「ヤマハ発動機株式会社」に!

 日本レース写真家協会(以下:JRPA)では、2005年より国内外のレースシーンで写りのよかった写真アワードがある。「その年、最もフォトジェニック」であった選手やレーシングチーム、企業、団体など「JRPAアワード」として表彰を行っている。2016年で11年を迎える。

【関連記事】[第44回東モ情報141]ベンジャミンを探せ?

IMPUL

 2015年のJRPAアワードは、12月14日に行われた会議で投票を行い、大賞にチームインパル,特別賞にヤマハ発動機が選ばれた。選出理由は、以下のプレスリリースの通りだ。

〈JRPA AWARD 2015『大賞』:チームインパル〉

各自動車メーカーのワークスチームがしのぎを削る今日のスーパーGT選手権において、プライベーターである同チームがランキングトップでシリーズ最終戦を迎えた事は特筆すべき史実である。そして、日本のモータースポーツシーンを大いに沸かせたその闘争心溢れるバトルは、我々フォトグラファーの心を熱くさせるものであり、数々の感動的なシーンを生み出した。 また、星野一義総監督が見せる感情のこもったリアクションは、力強くリアリティ豊かであり、常に我々メディアやファンの注目の的となっている。

〈JRPA AWARD 2015『特別賞』:ヤマハ発動機株式会社〉

創立60周年にあたる2015年、MotoGP、全日本ロードレース最高峰JSBクラス、鈴鹿8耐と、ロードレースのビッグタイトルを全制覇。またMotoGP日本ラウンドと全日本最終戦では、往年のヤマハインターカラーを彷彿させる、60周年スペシャルカラーのマシンを走らせ、数々のシャッターチャンスを提供してくれた。JRPA AWARDは、記録や戦績だけではなく、むしろその競技に於いていかにフォトジェニックで、我々フォトグラファーの写心をくすぐる存在であるかで決定します。競技スタイルや、立ち振る舞いが我々にとって魅力的であり、常に話題や撮影機会を提供し得る存在であり、“いかに「アツく」してくれるか”と言う視点で選ぶ賞です。また我々の取材活動に対して紳士的な協力があり、親和的に接することができているなど、それらを総合的に評価したものです。YAMAHA

画像ギャラリー