富士スピードウェイが限定ミニカー250台を東京オートサロンで販売!

富士スピードウェイが限定ミニカー250台を東京オートサロンで販売!

富士SW開業50周年記念アイテムは「ファン歓喜」間違いなし!!

 富士スピードウェイが開業50周年を記念して、2016年1月15日(金)から17日(日)に千葉県にある幕張メッセにて開催される東京オートサロンに出典をする。会場のブースは「国際展示場 北ホール」に設立される。富士スピードウェイの開業50周年を記念し、プリンスR380とトヨタ7を展示する。

1966年に開業した富士スピードウェイ。たくさんのレースが行われてきた日本を代表する有名なサーキットである。東京オートサロンの会場では50周年記念展示コーナーも設置し、富士スピードウェイの歴史を振り返るブースが用意されている。開催期間中は、実際富士スピードウェイでレースをしたレーシングカーの1/43モデルカーを販売。その他にも2000年まで使用していた FISCOロゴを用いた「復刻ステッカー」など「富士スピードウェイ50周年記念グッズ」を販売する。フジ

 東京オートサロンで販売される1/43スケールのミニカーはファン注目となっている。1960年代から80 年代に行われたレースの中から厳選し、「1966年 日本グランプリセット」、「TOYOTAレーシングカー・メモリアルセット」の2種類を販売予定だ。

「1966年 日本グランプリセット」は、「1966年第3回日本グランプリ」で競った「プリンスR380 #11(砂子義一選手)」と「ポルシェ906#6(滝進太郎選手)」の組合せとなっている。
一方、「TOYOTAレーシング・メモリアルセット」は、1973年に開催した「全日本富士1000km レース」で、トヨタ7ターボ計画の着手後4年目で初勝利を挙げた「セリカLBターボ ♯1(高橋晴邦選手 (高橋晴邦選手/見崎清志選手組) /見崎清志選手組)」。さらに1986 年「世界スポーツプロトタイプカー選手権レース日本大会 “WEC in Japan”」の予選において“幻のポールポジション”(トヨタからエントリーした中嶋悟さんが1分14秒台の当時のコースレコードでポールポジションを獲得したが、正式エントリーされていない予備車での記録だったため記録取り消し)となったレーシングカー「トヨタトムス 86C ♯36T(中嶋悟選手/G・リース選手 /関谷正徳選手組)」の組み合わせだ。価格は各種1万5000円(税込)で限定250個となるので、当日はぜひとも富士スピードウェイブースブースに急ぎたい。

画像ギャラリー