洗いすぎもダメ? 適正な洗車の頻度とは

洗いすぎもダメ? 適正な洗車の頻度とは

洗車時にキズを作ることも多いので1〜2カ月に1度程度でいい

 その昔は洗車が趣味という人もたくさんいて、毎週セコセコと家の前で洗っている人をよく見かけたものだ。あまりに洗車しすぎて、塗装が薄くなってきたという人までいたりした。もちろん今では塗装もよくなったし、毎週欠かさず洗車をする人もいなくなって、剥げたり、薄くなったりすることはなくなったが、ではどれぐらいの頻度で洗車をするのがいいのだろうか。

【関連記事】【意外と知らない】クルマのボディには錆の原因になる「鉄粉」が刺さっている!

洗車画像はこちら

 コーティングがかかっているクルマも多いので、かなり塗膜は硬くなっている一方、汚れも付きにくくなっているので、基本は1カ月に1回。さらに汚れが目立ってきたらで大丈夫だ。ボディカラーや季節にもよるが、実際に汚れが目立ってくるのは、1カ月ぐらいだろう。もちろん目立たなければ、2カ月に1回でもいい。

洗車画像はこちら

 じつはボディのキズの多くは、洗車時にできる。つまり、正しいやり方をしなかったり、道具選びを間違えている人が多く、きれいに拭き上げたつもりが細かいキズを作っていたりするわけだ。

 この点はプロでもとても神経を使うところで、拭き上げに使うクロスはマメにきれいなものに交換するなどしている。

洗車画像はこちら

 もちろん自分は洗車に自信があるというひとはいいだろうが、そうでなければやはり汚れが目立った時点で、泡をたっぷりと立てて洗うなどできるだけの配慮をして洗車をしてやるのが一番ダメージが少ないだろう。もちろんプロに頼むのもいい。

洗車画像はこちら

 ただし、あまりに洗車しないと汚れが付きすぎて、洗車したときにさらにキズを付けやすくなるので、まったくやらないというのはなしだ。汚れがひどすぎる場合は、いつも以上に丁寧に洗うようにしてあげよう。

画像ギャラリー