インタープロトシリーズの冠スポンサーはKeePerに決定! 第2大会からはKeePer号も参戦

インタープロトシリーズの冠スポンサーはKeePerに決定! 第2大会からはKeePer号も参戦

シリーズ名は「インタープロトシリーズ パワードバイキーパー」

 ワンメイクレース「インタープロトシリーズ」を主催するインタープロトモータースポーツは2019年7月30日、「2019 インタープロトシリーズ」の冠スポンサーにカーコーティングなどを手がけるKeePer技研(キーパー技研)が就任したと発表した。これにより、シリーズ呼称は「インタープロトシリーズ パワードバイキーパー」に決定。

 今年で7回目を迎えるインタープロトシリーズは、日本人として初めてル・マン24時間耐久レースで総合優勝を果たした関谷正徳さんがプロデュースしてきた。

 キーパー技研は「日本に新しい洗車文化を」をビジョンに掲げ、洗車やコーティングなどの事業を全国で展開する。モータースポーツとの関わりも深く、2013年からSUPER GTシリーズでトムスのサポートを開始し、2017年にはシリーズチャンピオンも獲得している。

 今回は第2大会から新たにKeePer号(#73)が参戦する。プロフェッショナルドライバーには、現在SUPER FORMULAやSUPER GTのGT300クラスで活躍する福住仁嶺選手に決定した。

【関連記事】女性だけの本格レースシリーズ「競争女子」が面白い!

インタープロトシリーズ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報