今年の色はポリメタルグレーに決定! オートカラーアウォード2019グランプリにマツダが輝く

今年の色はポリメタルグレーに決定! オートカラーアウォード2019グランプリにマツダが輝く

新たなグレーの世界観を提案したことが評価された

 一般社団法人 日本流行色協会は、優れたモビリティのカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード2019」を12月18日〜19日の2日間にわたり開催。グランプリはマツダ・MAZDA3&CX-30「ポリメタルグレー」となった。

【関連記事】広々とした室内空間を色合いでも表現! マツダCX-30の上質さも兼ね備える素材や色使いへのこだわりとは

オートカラーアウォード2019画像はこちら

 オートカラーアウォードとは、日本流行色協会が主催する、モビリティのカラーデザインの企画力や形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価する顕彰制度。1998年からスタートし、2019年で22回目を迎えた。

 マツダは、新たなイメージカラーとして設定車種を増やしているポリメタルグレーでエントリー。マツダ3は、オシャレなワインレッド系のバーガンディ、CX-30はネイビーブルー&グレージュというふたつの異なるアプローチで、独自の世界観を提案した。マツダ3はエモーショナルな赤内装とのコンビネーションで、大人の色気を放つエキゾチックモダンスポーツの新しい世界を表現している。オートカラーアウォード2019画像はこちら

 対してCX-30は、上質なネイビーブルーに明るいグレージュの内装色を組み合わせることで、開放感あるクールモダンな世界観を表しているという。オートカラーアウォード2019画像はこちら

 今回のグランプリ受賞理由は、CMF(カラー/マテリアル/フィニッシュ)でブランドアイディンティティを表現しているマツダだが、ブランドカラーのひとつであるグレーに新しい領域を作ったこと。微妙な青みを含むニュアンスに富んだグレーであり、まったく新しい質感を実現している。一般ユーザーにも支持されるCMF表現となっており、内外装の一体感も高く評価されている。

 また、今回は特別賞として日産自動車/三菱自動車のDAYZハイウェイスター&eK Xが選出された。受賞理由は、ふたつの企業の境界を超えたコラボレーションで、形の基本デザインは共通ながら、CMFによって、まったく違うターゲットユーザーに向けたデザインを実現。プロジェクトシェアの先駆けを見せたものとして、評価された。オートカラーアウォード2019画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報