コロナ禍でも自動車文化の継承を途絶えさせない! オートモビルカウンシル2020が7月末に開催決定

コロナ禍でも自動車文化の継承を途絶えさせない! オートモビルカウンシル2020が7月末に開催決定

コロナ感染防止対策を取りつつ、オンライン有料展示会も併催する

 クラシックカーの展示や紹介、販売なども行うAUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル)2020が、2020年7月31日(金)から8月2日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催されることが発表された。7月1日(水)から前売りチケットの販売を開始している。

 このイベントは2016年の第1回を皮切りに毎年行っているもので、今年で5回目を迎える。当初は4月上旬の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言の発令などによって開催延期を決定。しかし、東京オリンピック・パラリンピックも1年延期されたことで会場が使用できるようになったため、7月末の開催を決めた。

 イベントでは日本車メーカーをはじめ、インポーターやサプライヤー、ヘリテージカー販売店、マルシェ、イベントオーガナイザーが集結し、往年の名車と最新モデルを一堂に披露する。主催者は「ヘリテージカーは自動車の礎を知り、文化として次世代に伝えていく極めて貴重な歴史遺産、文字通りの“ヘリテージ”といえるものであり、自動車の魅力を知ってもらい、後世に伝えていくために必要不可欠なもの」と捉えているという。コロナ禍の環境下でも自動車文化を後世に伝えるという使命をまっとうし、文化の継承を途絶えさせないという決意で開催を決定したとのこと。

【関連記事】【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

オートモビルカウンシル2020画像はこちら

 感染防止対策としては、「3密」を回避するため、同時入場者数を31日の特別内覧日は3000人、8月1日〜2日のPublic Dayは5000人に制限する。上限に達した際は入場制限を行うとともに、関係者や来場者の体温測定や万が一に備えた来場者情報の登録、マスクの着用、手指の消毒、会場内の消毒を徹底する。

 また、車両展示に特化したプログラム変更を行ったため、チケットの種類と入場料を改定した。旧日程の前売り券で入場する場合には、当日差額を受付で払い戻しするという。

 今回は車両の展示をメインとし、Live Musicなどの関連プログラムは中止を決定。主催者展示では「60年代ルマンカーの凄みと美しさ」をテーマに設定し、1966年のイソ・グリフォA3/Cと1963年に初めてアルピーヌの名を冠してル・マンデビューを果たしたレーシングスポーツのM63が展示される。

 さらに、「AUTOMOBILE COUNCIL2020 Virtual Mall」を用意し、実際の展示会と並行して開催するオンラインでの有料展示会も開く。展示車両などを会期初日の金曜日に専門家がリポートする様子を動画で収録し、8月1日〜2日に公式ホームページにて有料で公開する。遠方からの来場が難しいファンや感染を懸念して来場を控えざるを得ないヘリテージカーファンにとって、嬉しい施策だろう。観覧方法などの詳細は後日公式ウェブサイトでお知らせするという。

AUTOMOBILE COUNCIL2020

会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

会期:2020年7月31日(金)〜8月2日(日)

開催時間:9時〜17時

入場料
(前売り)
7月31日(特別内覧日)4500円/
8月1日〜2日(Public Day)3000円
(当日)
7月31日(特別内覧日)5000円/8月1日〜2日(Public Day)3000円
※特別内覧日は3000名限定

公式ホームページ:https://automobile-council.com/

画像ギャラリー


新着情報