優雅に「見せてるだけ」で意外と面倒くさい! 超高級車乗りの知られざる「苦労」とは (1/2ページ)

noteで書く
優雅に「見せてるだけ」で意外と面倒くさい! 超高級車乗りの知られざる「苦労」とは

優雅なだけではない高級車ならではの苦労も!

 ベントレーやアストンマーチン、ロールスロイスにマクラーレン。すべて、新車価格はそこそこのマンションが買えそうなほどの高級車として、「死ぬまでに一度は乗ってみたい」と憧れる人も多いのではないでしょうか。ボディカラーやインテリアの素材、快適装備に至るまで、ほぼオーダーメイドという車種もあり、クラフトマンシップあふれる丁寧な仕事ぶりが感じられる、自分だけの特別な1台に乗れるというのも心くすぐられる理由です。

【関連記事】新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

高級車を所有する大変さ画像はこちら

 ただ、そうした高級車のカーライフというのは、庶民の私たちからすればどこを切り取っても優雅なものに見えるのですが、じつはその陰にはちょっとした苦労や、努力のあともチラホラ。今回はそんな、私たちが気づかないところで、高級車だからこその意外に面倒くさいポイントをご紹介したいと思います。

 まずはやっぱり、高級車というのは街中でもどこでも、良くも悪くも凄まじいオーラを放って人目を引いてしまうもの。皆さんも、「どんな人が乗ってるんだろう?」と興味津々で見てしまったことって、ありますよね? 「なーんだ、有名人じゃないのね」とか、「えっ、あんな人か」なんてガッカリすると、そうした感想は言葉に発しなくてもなんとなく視線にのって届いてしまうようで、高級車に乗る人は常に服装や立ち居振る舞いに気をつけている人が多いです。信号待ちで隣りの車線に停まったクルマからガン見されたり、駐車場から降りる時にも注目が集まるので、けっこう気を使うものなんですね。まぁ、なかには「そんなの関係ねぇ」という人や、逆に「見られたい」という人もいらっしゃいますが。

高級車を所有する大変さ画像はこちら

 次に面倒くさいのは、高級車の定番となっているホワイトレザーのインテリア。見た目にはとても素敵なんですが、ジーンズなど濃い色の洋服を着て座ると、色移りしてしまうことがあるので、じつは乗る時の洋服に気を使うのです。ゴツめの指輪やネックレスなども、引っ掛けてレザーに傷をつけてしまう可能性もあるし、いつまでも綺麗なインテリアを保つためには、頭のてっぺんからつま先まで、身につけるものを選ばないといけないんですね。また女性特有の“あの日”なんかも、白いシートというのはとても気を使いますから、大変ですよね。

高級車を所有する大変さ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報