お金もないし手間もかけたくない! それでも「ヤレた」愛車に「しゃっきりした見た目」を取り戻す方法5つ (1/2ページ)

お金もないし手間もかけたくない! それでも「ヤレた」愛車に「しゃっきりした見た目」を取り戻す方法5つ

ちょっと手をかけるだけでクルマがしゃっきりする!

 新車というのは、パリッとしていて見ていても気持ちいいもの。それがしばらくすると、なんだか薄ぼんやりとした印象が強くなってきて、心中ガックリ。仕方が無いと思いつつも、新車の頃の輝きをなんとか取り戻せないか、と思っている人も多いだろう。プロにでもガッチリ磨いてもらって、モールなど新品に変えられる部分は替えてしまうことで新車のようになるかもしれないが、今回は普段の洗車の延長戦でできるテクニックで新車の輝きを取り戻してみよう。

1)黒い部分をキレイにする

 くたびれた感のひとつに黒い部分がだんだんと白っぽくなってくるというのがある。黒いところが黒々としていると、全体の印象を引き締める効果があるのだ。従来からの保護つや出し剤を使ってもいいし、最近はモールやゴム、未塗装の黒い樹脂用のコーティングがあるので、こちらもオススメ。耐久性がかなりあって、黒さを長期間キープしてくれる。

【関連記事】マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

しゃっきりした見た目を取り戻す方法画像はこちら

2)タイヤも黒さをキープ

 こちらも黒い部分だが、足もとが黒いととくに全体が引き締まる。ファッションでオシャレは足もとからというのと同じだ。タイヤの場合はただ黒くするだけでなく、サイドのロゴなどに入り込んだ汚れをしっかりと取り除いてから、ツヤを出してやるのがポイント。ブラシをかければ簡単に取り除けるので、つや出しの前にひと手間かけてやりたい。ロゴがくっきりすると、見た目がシャープになる。

しゃっきりした見た目を取り戻す方法画像はこちら

画像ギャラリー