経済的不安はない? コロナ禍でも「高額車」は売れ行き好調で新車販売は回復傾向にあった! (1/2ページ)

経済的不安はない? コロナ禍でも「高額車」は売れ行き好調で新車販売は回復傾向にあった!

ハリアーやRAV4 PHVなど高額な車両が新車販売台数を支えた

 自販連(日本自動車販売協会連合会)及び、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2020年6月の新車販売台数が発表された(軽自動車は速報値)。それによると、登録乗用車の販売台数は18万2128台(前年同期比73.4%)、軽四輪乗用車は10万1764台(前年同期比85.6%)となった。統計上はまだまだ本調子とはなっていないものの、5月の実績に比べれば、明らかに回復傾向が見えていると言っていいだろう。

 このような販売統計が発表されるなか、販売現場をよく知るひとたちの間からは「新車が予想よりよく売れている」という言葉をよく聞く。販売統計数字とは相反するような、整合性がないともいえる話だが、6月17日に正式発売となったトヨタの新型ハリアーはすでに、納車3カ月待ちとなる大ヒット、6月8日に発売されたばかりのトヨタRAV4 PHV(プラグインハイブリッド)は、発売早々に年度内生産分の受注を終了したとして、新規受注を一時停止するとRAV4 PHVのサイトで告知している。

【関連記事】トヨタ・ライズが爆発的ヒットも喜べない新車セールスマンの複雑な胸中

2020年6月新車販売台数画像はこちら

 新規バッテリーの生産能力を大幅に上まわる受注となったことがその理由のようだが、RAV4 PHVの月販目標台数は300台なので、発売から1カ月を経たずに、3600台を受注したともいえるだろう。RAV4 PHVの受注停止はレアケースともいえるが、新型コロナ感染ウイルスの感染拡大が一時よりは落ち着いてきたとはいえ、まだまだ世の中が混乱しているなかで、ハリアーやRAV4 PHVといった高額車両がよく売れることについては「(お金を)もっているひとは、もっているんだなあ」と思うひとも多いかもしれない。

2020年6月新車販売台数画像はこちら

 ただ高額車両ばかりが売れている、つまり将来への不安のない、所得に余裕のあるひとばかりが新車を購入しているというわけでもなさそうだ。

画像ギャラリー


新着情報