各700台限定! ヒコセブンから17系クラウンパトカーの43分の1スケールモデルカーが発売

各700台限定! ヒコセブンから17系クラウンパトカーの43分の1スケールモデルカーが発売

パトカーの専用装備を細部まで再現

 魅力的なモデルカーをプロデュースするヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI’S」よりダイキャスト製43分の1スケールで再現したトヨタ・クラウンのパトカー仕様2モデルを2021年2月〜3月に発売する。それに先立ち、同社の直営店「モデルギャラリーHIKO7」および全国の模型取扱店にて予約受付中だ。

 今回商品化されるのは、17系と呼ばれるモデル。マイナーチェンジ後がパトカーになっており、白黒パトカー仕様は神奈川県警、覆面パトカー仕様は愛知県警に配備されていた車両を再現している。

「トヨタ クラウン (JZS171) 2004 神奈川県警察地域部自動車警ら隊車両(027)」は、赤色灯を上下に動かすための昇降機の裏にも神奈川県警の文字を表記。現在のパトカーに採用されている「POLICE」の文字がまだない、昔ながらのデザインの仕様は懐かしさを感じさせる。

【関連記事】【素朴なギモン】なぜ日本のパトカーにはトヨタ・クラウンが多いのか?

神奈川県警仕様のリヤビュー画像はこちら

 もう1台、覆面パトカー仕様の「トヨタ クラウン (JZS175) 2004 愛知県警察交通部交通機動隊車両(覆面 黒)」は、その名の通り愛知県警交通機動隊で運用されていた車両。当時のパトカーによく装備されていた、フロントバンパー埋め込みタイプの前面赤色灯や反転式赤色灯、そしてリヤには違反者への警告などを表示する電光掲示板を備えている。細かな装備まで再現している、パトカーファンも納得の再現度だ。

愛知県警の覆面パトカー仕様のリヤ画像はこちら

 どちらも再生産の予定はない、一度限りの限定モデルとなる。両車とも700台のみ、各6500円(税抜き)となっている。

画像ギャラリー