人気のフィアット500に限定車「エレガンツァ」登場! 特別な車体色を採用した上質モデル

人気のフィアット500に限定車「エレガンツァ」登場! 特別な車体色を採用した上質モデル

カタログモデルではない1.2ラウンジがベース

 FCAジャパンは、フィアットブランドの人気コンパクトカー「500」に、特別なボディカラーを採用した上質な限定モデル「フィアット500エレガンツァ」を設定。4月10日(土)より、200台限定で発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は、220万円。

 エレガンツァとは、イタリア語でエレガントのこと。その名の通り、上質さをキーワードにした特別な装いに生まれ変わっている。今回の特別モデルは、通常選択することのできない、エピックブルーとボルドーの2色を採用(どちらも100台ずつの設定)となり、存在感を高めた。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

エピックブルーのフロント画像はこちら

 ベースモデルは、現在日本ではカタログモデルとして設定されていない「1.2ラウンジ」をベースにしている点も見逃せない。最高出力69馬力の1.2リッター直4エンジンを搭載し、各種装備も上級モデル同等の充実した内容となっている。おもな装備はバイキセノンヘッドライト、クロームアクセント付き前後バンパー、スタイリッシュさもプラスしている15インチアルミホイールなどを装備。高輝度処理が施されたアクセサリーと特別なボディカラーと相まって、気品あるスタイリングに仕立てられた。

ボルドーのリヤ画像はこちら

 インテリアも同様に上質な雰囲気が満点だ。エピックブルー、もしくはボルドーのボディ同色インストルメントパネルを採用し、アイボリー内装と組み合わせることで上質感をアップ。ベースモデル同様にガラスルーフも装備されているので、開放感ある室内空間に仕立てられている。そのほか、花粉フィルター付きフルオートエアコンやBeats(R)オーディオシステム、リヤパーキングセンサーなども標準装備とした。

エピックブルーのインテリア画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報