たとえ5分でも「車内に子供」を残すのは狂気の沙汰! 「エアコンオン」でも絶対にやめるべき理由 (1/2ページ)

noteで書く
たとえ5分でも「車内に子供」を残すのは狂気の沙汰! 「エアコンオン」でも絶対にやめるべき理由

「エアコンを付けておけば大丈夫」は間違い!

 子供を保育園から引き取り、急いでスーパーで買い物を済ませてから夕飯の準備をしなきゃ! といったシーンは日常茶飯事という人も多いですよね。

 スーパーの駐車場に到着すると、子供がぐっすりと眠ってしまっていた……。そんなとき、あなたはどうしますか?

「無理に起こすのも可哀想だし、ちょっとぐらいだから、寝かせたまま買い物に行っても大丈夫だよね」と、優しさのつもりで考えるかもしれません。抱っこやベビーカーが必要な乳幼児であれば、「面倒だから」「大変だから」と、あえて置いていこうとするかもしれません。でもそれらは、「児童虐待」と取られる可能性のある行動です。

【関連記事】わずかな対策が大きな差に! 激しい渋滞が起こる夏にクルマに積んでおくべき小物8選

車内で寝る子供画像はこちら

 もし晴れた昼間であれば、外気温20度ほどだったとしても、車内の温度はあっという間に50度以上になることもあります。取り残された子供は脱水症状や熱中症になり、最悪の場合は死亡してしまう可能性もあるのです。実際、毎年のように車内置き去りによる子供の死亡事故が起こっており、その場合には「保護責任者遺棄致死罪」などの重い犯罪として裁かれます。

「じゃあ、エアコンをつけておけばいいんじゃないの?」という人もいますが、それもNGです。理由はいくつかあり、まず小さな子供は目が覚めた時に保護者の姿が見当たらないと、パニックを起こす可能性があります。手当たり次第に近くにあるスイッチなどを押したりすることで、エアコンがオフになったりエンジンが停止する可能性もゼロではありません。子供がいじらなくても、エンジントラブルや、ガス欠によって止まってしまう場合もあるでしょう。

エアコンスイッチ画像はこちら

 また、エンジンはオフにして、アクセサリーモードでエアコンをつけていた場合でも、車種によっては10分、15分など一定の時間が経過するとバッテリー上がり防止のために、オフになる機能が付いていることも。30分後に戻ってきたら、エアコンが切れていて車内が猛烈な暑さだった、という事態は絶対に避けなければいけないことです。

画像ギャラリー


新着情報