今となってはレトロだが当時は「未来感」にシビれた! 1周回って斬新な「インパネ」の80年代国産車4選 (1/2ページ)

今となってはレトロだが当時は「未来感」にシビれた! 1周回って斬新な「インパネ」の80年代国産車4選

近未来的なインパネに多くのクルマ好きが憧れた!

 自動車の進化を図るには見た目の変化や動力性能の変化、先進安全装備の進化などさまざまな点が挙げられるが、時代によって大きく変化してきた一つとして挙げられるのがメーターを含むインストゥルメントパネルの変化ではないだろうか。

 現在のクルマではメーター類も液晶化が進み、ナビのモニターも大型化。車種によってはナビのモニターとメーターパネルがシームレスに繋がっていてインパネ全体がモニターのようになっている車種もあるほどだ。

 そんな先進的なメーターももちろん魅力的ではあるが、今回はあえて80年代に登場した車種で今見ると一周回ってカッコよくみえるインパネを独断と偏見でピックアップしたい。

1)トヨタ・ソアラ(初代)

 今でこそ全面液晶パネルのメーターも珍しくなくなっているが、まったく指針のないデジタルメーターを一般車として初めて採用したのが初代ソアラだった。

【関連記事】今見ると笑える!? 当時は超最先端だったハイソカーに搭載された装備9選

インパネから漂う80年代臭プンプンのクルマ画像はこちら

 エレクトロニックディスプレイメーターと名付けられたこのメーターは、今のフル液晶のメーターに比べるとアナログ感満載ではあるが、当時は先進装備の代表的な存在であり、デジタルメーターブームの立役者でもあったのだ。

インパネから漂う80年代臭プンプンのクルマ画像はこちら

2)マツダ・サバンナRX-7

 ロータリーエンジンを搭載したスポーツモデルとして未だに多くのファンを魅了し続けるRX-7。2代目となるサバンナRX-7は、タコメーターを中心に据えたスポーティなメーターレイアウトはそのままに、サブメーターを並べた6連メーターとなっていた。

2代目RX-7画像はこちら

 さらにワイパーやライトといったスイッチ類がメーターナセルに備わっており、ワーニングランプはインパネセンター上部に集約されているなど、近未来的かつレーシングカー風のインパネに憧れたものだったのだ。

2代目RX-7のインパネ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報