ご近所と被らない! 視線を集めること確実! マイナーだけど「運転にクセがない」個性派クルマ4選 (1/2ページ)

noteで書く
ご近所と被らない! 視線を集めること確実! マイナーだけど「運転にクセがない」個性派クルマ4選

他の人と同じが嫌ならマイナー車に注目!

 人気の車種は、それだけに販売台数も多く、同じクルマが街に、近所に溢れていたりする。ユーザーの中には、人とはなるべく被りたくない、あまり売れていない、乗っているだけで個性が光るクルマを所有したい……、という考えの人もいるはずだ。ただし、マイナーなクルマでも、運転にコツがいる、マニアックすぎて運転がしにくいのは困る、と思うのも当然だ。

 で、運転のしやすさ、乗りやすさ、現代的な装備、安全機能をしっかりと備えた上で、マイナーなクルマはないかと探してみると、国産車では意外に少ないことが分かる。個性的すぎて売れないクルマは、すぐに生産中止になってしまう運命だからだ。

 たとえばホンダが西海岸のサーファーをイメージして作った、観音開きドアを採用したスタイリッシュSUVのエレメントは個性的すぎてすぐに消滅。

【関連記事】優等生に飽きた人に禁断の果実! 一度ハマったら抜けられない「イタフラ」のオススメ中古車4選

ホンダエレメントのフロントスタイル画像はこちら

 また、1998年デビューの日産ティーノは、当時のサニー(懐かしい!!)をベースに前席3人掛けを実現したショーティ&ワイドなボディを持つアイディア満載のクルマだったがこちらも短命だった。

1)光岡バディ

 今、新車で買える、マイナーが故にほかの人と被らないけど、じつはフツーに乗れる国産車の中で、ブームのSUVと言えば、光岡のバディが挙げられる。パッと見、70~80年代のアメ車、アメリカンSUVを思わせる顔つき、アメ車臭むんむんのホイールなどが特徴で、2021年は50台しか手作り生産されない希少な1台。

光岡バディの走行シーン画像はこちら

 しかし、中身はあのトヨタRAV4。RAV4同様にガソリン、HV、FF、4WDが選べ、乗りやすさ、走破性、装備の充実度、先進運転支援機能など、RAV4となんら変わらない。

 アメリカンSUVのほとんどは大柄だから、運転不慣れな人には薦めにくいが、アメリカンテイストあるクルマに憧れる人に、このバディは乗りこなしやすい相棒となること間違いなしだ。RAV4に試乗して運転感覚に問題なければ、バディの運転もOKということである。

 そしておそらく、街で、近所で同じクルマを見かけることはまずないと思える。ちなみに光岡自動車には、日産マーチベース、マツダ・ロードスターなどをベース車にしたオシャレでレアなクルマが多数、揃っている。

光岡ビュートのフロントスタイル画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報