バカッ速「市販車」ならお任せ! 英・仏・伊メーカーを支える「特殊部隊」の圧倒的な実力 (1/4ページ)

バカッ速「市販車」ならお任せ! 英・仏・伊メーカーを支える「特殊部隊」の圧倒的な実力

女王陛下御用達のオーダーメイド・エリート集団

 ドイツの自動車メーカーが古くからいわゆる特殊部隊を重視してきたことについては前回お伝えしたとおりだが、ほかのヨーロッパ各国にも力を入れている自動車メーカーはある。

 まずは昨年1月にEUから脱退してしまったが、ユナイテッド・キングダムこと英国。1922年に前身となるスワロー・サイドカー・カンパニーとして誕生したジャガー、1948年に最初のモデルを発売したランドローバーというふたつの歴史あるブランドをマネージメントするジャガー・ランドローバー社には、SVO(スペシャル・ヴィークル・オペレーションズ)という特別な組織が存在している。

【関連記事】500万円・400台が即日完売! 280馬力時代に400馬力! ワークスが生んだ伝説のコンプリートカー4台

ジャガー・ランドローバーのSVOが手がけたクルマたち画像はこちら

 2014年スタートと比較的新しいが、2000万ポンドを投資して設立された専用のテクニカルセンターを持ち、200名ほどのスペシャリストが在籍する本格的な組織だ。

ジャガー・ランドローバーSVOのテクニカルセンター画像はこちら

 ここではスポーティ&ラグジュアリーなジャガーのパフォーマンスを磨き上げてかなりのハードコアなモデルに、トップ・レベルのオフロード性能とグランツーリスモとしてのパフォーマンスを併せ持つラグジュアリー4×4のランドローバーはそれらすべてをさらに追求した特別仕立てに仕上げている。

 本国では2020年にビッグマイナーチェンジした現行モデルではまだ設定はないが、SVOが手掛けたFタイプSVRの通常よりハッキリと一段階上にある速さはもちろんのこと、驚くほどの俊敏に仕立て上げられたハンドリングは忘れられない。その乗り味はレーシングカーさながらだったのだ。

ジャガーFタイプSVRのフロント俯瞰スタイリング画像はこちら

 またレンジローバーSVオートバイオグラフィのダイナミズム溢れる速さとどこまででも走っていけそうに感じられる快適な乗り心地、夢のように美しく上質なインテリアなどは、SUVの範疇には収まらず遙かに抜きん出てる印象で、ちょっと筆舌に尽くしがたいほどだ。

レンジローバーSVソートバイオグラフィのフロントスタイリング画像はこちら

 英国はいわずと知れたビスポークの本家本元のような国。そうしたスペシャルモデルの他、特別な顧客の特別なオーダーに応える部門も持っている。

ジャガー・ランドローバーSVOがワンオフしたジェイミー・オリバー仕様のディスカバリー画像はこちら

 英国王室の担当者も崎席しているというのだから恐れ入る。

画像ギャラリー