昭和のスーパースター3人が乗っていたガルウイング! 当時のドル円換算で245万円だったメルセデス・ベンツ300SLとは (1/2ページ)

昭和のスーパースター3人が乗っていたガルウイング! 当時のドル円換算で245万円だったメルセデス・ベンツ300SLとは

この記事をまとめると

■海外オークションでは1億円超で落札されるメルセデス・ベンツ300SL

■日本では力道山・石原裕次郎・夏木陽介が乗っていた

■発売当時の価格は当時のドル円換算で245万円

昭和のスーパースターのガルウイングといえば300SL

 ダイムラー・ベンツ(当時)のプロトタイプレーシングカーとして開発され、1954年2月のニューヨーク国際オートショーで市販バージョンが発表されたメルセデス・ベンツ300SL。言わずと知れた世界的な超絶名車であり、2020年10月に開催されたRMサザビーズのオークションでは、1955年式300SLが149万5500USドル、日本円にして約1億5800万円で落札されたというド級の存在である。

【関連記事】A・B・Cと続くが「Dがなく」てE? メルセデス・ベンツの車名に「抜け」がある謎

約1億5800万円で落札された1955年式メルセデス・ベンツ300SLのフロントスタイリング画像はこちら

 筆者などよりよっぽどクルマに詳しいWEB CARTOP読者各位に今さら説明する必要はないと思うが、いちおう言っておくと、W198型300SLのフロントミッドに搭載された3リッター直6SOHCエンジンは、市販車としては世界初のガソリン直噴方式。最高出力215馬力/5800rpmと最大トルク28.0kgm/4600rpmをマークし、最高速度は当時の市販車としては最速の260km/hであった。

約1億5800万円で落札された1955年式メルセデス・ベンツ300SLのエンジン画像はこちら

 有名なガルウイング式のドアは、全体の軽量化のために独特なスペースフレーム構造を採用し、なおかつ全高がきわめて低かったため、通常の左右開きドアを使用することができなかったがゆえに採用されたという経緯を持つ。

メルセデス・ベンツ300SLのスペースフレーム画像はこちら

 そんな、当時としては宇宙船レベルの存在であったメルセデス・ベンツ300SLを所有していた日本人として有名なのは、プロレスラーの力道山氏と俳優の石原裕次郎氏、そして同じく俳優にしてラリードライバーの夏木陽介氏。ちなみに力道山氏はガルウイングのクーペだけでなく、ロードスターにも乗っており、石原裕次郎氏の300SLはクーペだったがなぜかロードスターの縦長ヘッドライトがインストールされた個体だった。日本で初めて300SLガルウイングを所有したのは夏木陽介氏だったと言われている。

力道山の銅像画像はこちら

 そして「300SLに乗っていた有名人を探せ」というミッションを与えられたのが筆者である。

 そんなことを言われても、当時筆者は生まれてすらいなかったので知る由もないわけだが、今ササッと調べた限りでは、その3人以外にはいらっしゃらなかったようだ。

 ちなみに力道山氏はアメリカ巡業のおみやげとして300SLを買って帰り、それを見た石原裕次郎氏が「僕もそれ欲しい! 譲ってください!」とリキさんに頼んだが断られ、代わりにリキさんは、日本に1台だけあったヤナセ物の300SLを裕ちゃんのために手配してあげた……ということらしい。

 なお石原裕次郎さんが乗っていた300SLは北海道小樽市の「石原裕次郎記念館」に2017年まで保管され、夏木陽介さんが乗っていた個体も石川県の「日本自動車博物館」で保管されている。だが力道山氏の300SLは、話によれば10年に一度ぐらいのペースで「売り物」として市場に出てくるらしい。今この瞬間、リキさんのSLがどこにあるのかは不明だが……。

小樽にあった石原裕次郎博物館画像はこちら

画像ギャラリー