購入済みユーザーからのクレームはないが中古市場は荒れ模様! S660の追加生産にみられるホンダの混迷 (1/2ページ)

購入済みユーザーからのクレームはないが中古市場は荒れ模様! S660の追加生産にみられるホンダの混迷

この記事をまとめると

■ホンダは2021年3月12日に「S660の生産を2022年3月に終了する」と発表

■その後、2021年11月に「S660を数量限定で追加販売」すると発表した

■これによってファンからクレームは上がらないのかについて解説する

顧客の不満に応えたS660の追加生産が新たな不満を生んだ!?

 ホンダは2021年11月に「S660を数量限定で追加販売」すると発表した。追加生産されるのは650台で、一部の販売店で取り扱ったり、抽選で販売する。

 ホンダは2021年3月12日に「S660の生産を2022年(来年)3月に終了する」と発表している。一般的にクルマの納期は長くても半年程度だから(今は例外も多いが)、多くのユーザーは「2021年7月頃までに注文を入れれば購入できるだろう」と考えた。

【関連記事】かつてのホンダは凄かった! 踏めば脳天まで痺れる「エンジンのホンダ」を感じさせる名車5選

ホンダS660のエンブレム画像はこちら

 ところが実際には2021年3月末、つまり生産終了を発表した半月後には、2022年3月までの生産枠が埋まった。S660は生産規模が小さく、とくに2018〜2020年には、1カ月平均の届け出台数が240台前後まで減っていたからだ。この状況で生産終了が発表され、欲しいと思っていた人達が一斉に注文したから、2022年3月までの受注枠が短期間で埋まり急遽受注を中止した。

 ホンダの販売店では「2021年3月末に、生産枠が突然埋まって受注の終了が伝えられ、商談を途中で中止するケースも多かった」という。これでは顧客が怒るのも当然で、改めて追加生産をすることになった。

ホンダS660 モデューロXの走り(リヤ)画像はこちら

 追加生産を発表して、2021年3月に慌てて契約したユーザーが不満を感じることはないのか。販売店にこの点も尋ねた。「650台を追加生産する内の600台は、基本的に商談を途中で中止されたお客様に販売する。残りの50台は、ウェブサイトで申し込みを行い、抽選でお客様を決める。通常の販売を再開したわけではないから、急いで購入したお客様から不満が生じることはない」。

画像ギャラリー