いいクルマだからこそ気になる! 人気車5台に潜む「意外な欠点」とは (1/2ページ)

いいクルマだからこそ気になる! 人気車5台に潜む「意外な欠点」とは

この記事をまとめると

■売れ筋車種の欠点やデメリットをピックアップ

■乗ってみないとわからないポイントもあるので検討中の人は試乗必須だ

■今の新車にはほぼ必ず付いている装備が無いという場合もあるので要注意

大人気なクルマにも潜む意外な欠点

 人間誰しも100%完璧じゃありません。デキると思われている人こそ、長く付き合っていくうちに意外な弱点があったり苦手なものがあったりして、他人から見るとそこがチャーミングな魅力であり、人間味を感じたりするポイントになるものですね。

 クルマはどうでしょう。ちまたで大絶賛され、販売台数も絶好調のクルマだとしても、やっぱり実際に長く乗ってみると、「ここがもうちょっと○○だったらよかったなあ」と感じるポイントは出てくるもの。そこにガッカリしたからって、決して嫌いになったり愛想が尽きたりするものではないんだけど、気になる人には大きな問題だったりするところです。今回はそんな、人気車5台の密かに気になる弱点をピックアップしてみたいと思います。

 まずは発売以来、大人気となっているコンパクトクロスオーバーSUVのトヨタ・ヤリスクロス。ツルンとした、どこか未来的なデザインが目を惹き、カラーもトレンドを押さえていてスタイリッシュなSUVですよね。ハイブリッドとガソリンがあり、燃費も優秀。4WDもしっかりとオフロードの走破性を高めているのがすごいところです。

【関連記事】走る以外に何もできない! 人生に飽きたら試してほしい「実用性皆無」の「キワモノ」趣味カー4選

ヤリスクロス全体画像はこちら

 そんなヤリスクロスですが、実際に購入したユーザーの口コミでいちばんのガッカリポイントとして挙げられているのが、シート生地などインテリアのチープさ。ヤリスクロスはグレードによってかなりインテリアのテイストや仕上がり感が変わるモデルで、トップグレードを選ぶとそれなりに上質感があるものの、それ以外のグレードでは気になる人が多い様子です。また、そのままでは装備されない前席のアームレストをオプションで装着すると、どう見てもシート表皮とは異なる生地を使ったアームレストが付いてきて、インテリアがチグハグになってガッカリとの指摘も。

ヤリスクロスフロントシート画像はこちら

 また、室内はゆったりした空間が確保されていますが、後席に乗り降りする際のドア開口部は「狭すぎる」との声が聞かれます。とくに足の通り道になる部分がタイトなようで、これはつるんとした未来的なデザインを優先したため、なるべく開くように工夫したがこれが限界だった、という開発者の話もありました。子供を乗せたりファミリーユースを求めている人は、この辺りをチェックしてからのほうが良さそうです。

ヤリスクロスリヤシート画像はこちら

 2台目は、MISIAさんの歌声が印象的なCMのスバル・レヴォーグ。先進の運転支援システム「アイサイトX」搭載で、50km/hまでのハンズオフ機能や、緊急時に自動で安全な場所に停車してくれる機能などが話題となり、もともとの頑丈なボディなどによる衝突安全性も評価されて、2020年に発売されたクルマの中で、もっとも安全なクルマに贈られるJNCAPのファイブスター賞も獲得しましたね。

レヴォーグ全体画像はこちら

 当初は1.8リッターモデルが発売され、もうすぐ2リッターの高性能版が追加されるようなので、期待が高まります。そんなレヴォーグは、タブレットのように大きなタッチパネルをインパネセンターにデンと置き、ほとんどの操作をタッチパネルで行うようにしたことも進化のひとつ。使い勝手はおおむねいいのですが、残念なのがタッチしてから操作が行われるまでの反応がやや遅いのです。

レヴォーグタッチパネル画像はこちら

 高スペックのPCやタブレットに慣れている人なら、「ん?」と違和感を感じてしまうくらい、レスポンスがゆっくりめ。せっかくタッチ操作に統一したなら、そこはしっかり反応を良くしてほしかったところです。

画像ギャラリー


新着情報