フェラーリ史上もっとも価値あるモデルに異論なし! 最高58億円で落札された「250GTO」は何が凄いのか? (1/2ページ)

フェラーリ史上もっとも価値あるモデルに異論なし! 最高58億円で落札された「250GTO」は何が凄いのか?

この記事をまとめると

■フェラーリでもっとも価値のあるモデルといえばそれは250GTOだ

■250GT SWBをベースに1962年から1964年までに39台が生産された

■フェラーリ250GTOはレースの世界で大成功を収めた、まさに歴史的な遺産だ

コレクターの誰もが憧れるフェラーリ250GTO

 フェラーリのファン、そして何よりコレクターにとって、もっともバリューのあるモデルといえば、それは1962年から1964年にかけて生産され、コンペティションシーンで大活躍した、250GTOであることに異論を唱える者は少ないだろう。

【関連記事】ライバルメーカーの「フェラーリとランボ」「メルセデスとBMW」を同じ会社が販売! 高級車でお馴染みのコーンズとヤナセって何もの

フェラーリ250GTOのフロントスタイリング画像はこちら

 その人気を絶対的なものとしている第一の理由は、もちろんレースにおける華々しい戦績で、さらにその流麗で機能美の象徴ともいえるスタイリング、わずかに39台が生産されたのみという希少性が、コレクターの心を常に刺激して止まないのだ。

 つい先日、2台しか存在しないメルセデス・ベンツの300SLRプロトタイプ、いわゆるウーレンハートクーペが、オークションで約189億円という落札価格で売却されたというニュースが世界を駆け巡ったが、この250GTOも、一時は当時の邦貨で58億円相当の価格で落札。オークションにおける自動車の落札価格で最高の数字を記録したことは、いまも記憶に新しい。

フェラーリ250GTOのサイドビュー画像はこちら

 250GTOのベースとなったのは、1959年にデビューした250GT SWB(ショートホイールベース)だった。それまでの250GT TdF(ツール・ド・フランス)のホイールベースを200mm短縮し、コーナリング性能をより高めた250GT SWBはロード用とレース用の両モデルが製作され、後者はアルミニウム製の軽量ボディを与えられた。

フェラーリ250GT SWBのフロントスタイリング画像はこちら

 搭載エンジンもまたそれまでの3リッターV12を継承しつつも、250TRで得たノウハウをもとに、吸気ポートやコイル式のバルブスプリングを採用。最高出力は280馬力を発揮したと記録されている。組み合わせられるミッションは4速MT。わずか955kgの車重で266km/hの最高速を達成するとともに、1960年からさっそくそれは実戦投入され、優秀な戦績をフェラーリに与えたのだった。

画像ギャラリー


新着情報