ウケ狙い? 本気で闘ってる!? 木っ端微塵も当たり前のダウンヒルレース「ソープボックスカート」って何? (1/2ページ)

ウケ狙い? 本気で闘ってる!? 木っ端微塵も当たり前のダウンヒルレース「ソープボックスカート」って何?

この記事をまとめると

■ソープボックス(ボックスカート)レースについて解説

■今から90年ほど前には誕生しており、自作のカートで坂を下るレースが起源だ

■自動車メーカーが本気で作った車両が参加したこともあるほど盛り上がっている

奇想天外なお手製マシンで大人がガチレース!

 おバカな遊びを大真面目にやる、徹底的にやる。

 これ、イギリス人の国民性かと思っていましたが、最近はわりとグローバルなトレンドになっているようです。というのも、イギリス発祥のソープボックスレース、あるいはボックスカートレースという重力だけを動力源とした原始的なレースがいまや世界中で大流行りなのですよ。

【関連記事】史上最悪のクルマにも選ばれた「スポーツカー」!? もはやジョークとしか思えないピール・トライデントの本気っぷり

ボックスカートレース画像はこちら

 そもそもは、ソープボックスのネーミング通り粗末な木箱に、これまた廃品回収してきたような車輪を4つ付けただけの乗り物がスタート。イギリス発祥は間違いなさそうですが、いつ頃に始まったのかは不明とするのが無難そう。ですが、アメリカで記録されている最初のレースはなんと1933年だそうです。

ボックスカート参加車両画像はこちら

 で、この乗り物「ボックスカート」でもって坂道を下り、タイムを競うというわけですが、本当に面白いのは競争そのものではないでしょう。

 日本でも「鳥人間コンテスト」なんて番組がありますが、あれガチで飛ぼうってチームもあれば、ウケ狙いのコミカルなチームもたくさん出場していますよね。同じく、ソープボックスもウケ狙い、出オチなチームがわんさかいるのです。いや、むしろそっちの方が多いかも。鳥人間コンテストと欽ちゃんの仮装大賞が一緒くたになった雰囲気と言えばわかりやすいかもしれません。

 そうしたチームはコアコンピタンスが笑いですから、乗り物からして珍妙です。だいたい4輪あってもクルマっぽいスタイルをしているのは少数派。ワニ、ピラミッド、棺桶、建物などといったおよそ乗り物とは思えないデザインで観客を笑わせ、また乗員やスタート時にカートを押すクルーらがいる場合はこれまた仮装、コスプレでもって攻めてくるのがトレンドとなっています。

ボックスカートマシン画像はこちら

 それゆえ、乗り物としての性能はお世辞にも高いとは言えません。スタートのステージから下り始めた途端に解体しちゃうとか、シケイン曲がれずに衝突、大破なんてのがまた爆笑を誘うわけで、これまた鳥人間と同じでじつに微笑ましい光景なのです。

画像ギャラリー


新着情報