2012年8月」の記事一覧

[編集スタッフブログ] テスラモーターズ、モデルSのコンポーネントをメディアに公開

すでにアメリカ本国で、市販車の製造およびデリバリーが始まったテスラのモデルS。そのシャシー部分のカットモデルが、東京・南青山にあるテスラ東京ショールームで、明日から展示されるのを前に、取材陣に公開された。またこの公開に合…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 仙台ハイランドレースウェイはがんばってます!

昨年の大震災の影響を乗り越え営業をしていた仙台ハイランドを、再び悪夢が襲ったのは4月のこと。4月3日夜から4日にかけての暴風(爆弾低気圧)の影響で、多くの建物に被害を受けたのはここでも紹介したとおり(4月16日のこの編集...

続きを読む...

篠塚建次郎、SOLAR CAR TEAM SHINOZUKA設立! ギネス記録に挑む!!

WRC日本人初優勝、パリダカールラリーで日本人初の総合優勝という輝かしい成績を残してきた篠塚建次郎さんが新しい挑戦を始める。2008年からこれまで過去4年、出身母校、東海大学のソーラーカーレース・チャレンジにドライバー兼...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 八丁堀の路地裏に、ポップな黄色のスポーティな3台

編集部所有のXaCAR86号は、特色のオレンジがかかった黄色に変貌しています。スイフトスポーツは鮮やかな黄色。そして奥は、今月9月号のルノー特集「ポップなハッチのふんわり楽しい世界観」の取材で使ったフィアット500です。...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] NOT AUTHORITY, BUT AURIS. センセーショナルなオーリスのTVCM

オーリスがフルモデルチェンジした。「スポーツハッチバックの新基準」として、欧州各国で走行テストを行ない、とくにスポーティグレードのRSは、鍛え上げられた走行性能が魅力のクルマになっている。 個性的なデザインもポイントだ。...

続きを読む...

【パイクスピーク2012】三菱チームを陰で支えた立役者、といえば!

パイクスピークヒルクライムレースの決勝から、もう10日が経ちました。そろそろ暴露ネタのひとつでも、ということで、今回はそんな話。 今回、最も波乱のあったチームといえば、三菱自動車チーム、です。水曜の練習初日にコースアウト...

続きを読む...

【パイクスピーク2012】コグレールに乗って

パイクスピークヒルクライムのレース観戦は、先日のブログでも書きました。夜中から場所取りをして、コースサイドでガヤガヤとレース観戦するのが一番楽しそうですね。 取材陣は、メディアシャトルバスで頂上に下ろされます。レースが終…

続きを読む...

【パイクスピーク2012】増岡さんがレースのために手作りしたもの

パリ・ダカールラリーに長年参戦し、日本人初となる連覇も達成したことのある世界のラリーレイド・ドライバーである増岡浩選手ですが、パイクスピークヒルクライムは今回が初参戦となります。 パリダカの覇者といえども、このヒルクライ…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] エコ便りその3 植物は簡単には育たない、という教訓

エコ便り「その1」で紹介したお花の名前はバーベナではないか? と読者の方よりコメントがありました。調べてみたらどうやら、そのお花のようです。 で、そのお花、赤い花が枯れても、この前まで葉っぱは緑いっぱいで元気だったのに、.…

続きを読む...

【パイクスピーク2012】謎の男、チェッカーマン?

どこのレースでも同じですが、フラッグスタンドにはチェッカーを振るスタッフが配置されています。もちろん、パイクスピークインターナショナルヒルクライムでも、頂上ゴールには、チェッカーフラッグを担当する方が居ます。他のレース…

続きを読む...

【パイクスピーク2012】アウディがEVでやってくる、なんてないかなぁ?

第90回パイクスピークインターナショナルヒルクライムでは、アウディがペースカーとしてRS5を提供しています。また、ファン・フェスタでもブースを出展し、コースサイドにあるストローバリアにアウディロゴが並んでいます。現地では...

続きを読む...

【パイクスピーク2012】大自然の中のレース?

高山に登るパイクスピークヒルクライムレース。下から上がって行くにしたがい森林限界を超え、さらには高山植物が生えている高山帯を抜け、最後は植物も無い岩場になってしまいます。 写真撮影もあるので、カメラを持って、薄い空気に悩…

続きを読む...

1 / 3123