2013年1月」の記事一覧

[編集スタッフブログ] 冬の取材と言えば…タイヤです

毎日寒い日が続いていると思ったら、花粉症の便りも届き、寒さに凍え、ちょっとした暖かさにホッとしながら毎日取材を進めているザッカー編集部です。真冬恒例の取材と言えば、北海道でのスタッドレスタイヤ取材です。 今日は、トーヨー…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] アトラスF24、電動化への第一歩?

日産がリチウムイオンバッテリーを、駆動用ではなく荷室の冷蔵・冷凍用に使うという、世界で初めてのトラックの実証実験を行なうという発表がありました。この車両「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」は、日産の小...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 助っ人EVが2号車に進化! さらに3号車も?

CHAdeMO方式の移動式急速充電システムによるEV救援の元祖といえば、新潟県の実証実験で登場した「助っ人EV」です。 「助っ人EV」は、電欠(電池切れ)したEVをレッカーで充電スタンドのあるところまで運ぶのではなく、電...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 急速充電コネクタ第4世代へ!

多くのCHAdeMO急速充電器に採用されている充電コネクタ。そのパイオニアともいえる矢崎総業が、4代目といえる新型充電コネクタを5月に発売することがわかりました。 初代モデル(コネクタ全体が黒いモデル)、日本国内モデル(...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] マツダ・アテンザ、セダンとワゴンにこんな違いが!

以前、「違いのわかるマニア講座」としてマツダCX-5のガソリン車とディーゼル車の違いについて、このコーナーで紹介したことがあります。またしても、マツダ車でとある違いを見つけてしまいました(重箱の隅をつつきたくなるようなネ...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 超小型モビリティは中小企業のもんじゃ!

オートモーティブワールド2013に出展していた、大阪の中小企業が集結したおおさか地域創造ファンド。「大阪産EV開発プロジェクト」として、昨年6月にガイドラインが発表された超小型モビリティの規格に合わせた車両が並んでいまし...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] モンタジ、パイクスへ今シーズンもAPEVから継続参戦!

1月15日に行なわれた電気自動車普及協議会(APEV)の記者発表会の席上で、今年6月にアメリカ・コロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013への参戦について、APEVの田嶋信博代表幹事か...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] APEV、超小型電気自動車デザインコンテスト開催

昨年6月にガイドラインが提示された超小型モビリティ。「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れていて、地域の手軽な移動の足となる1~2人乗り程度の車両」というのがその定義です。電気自動車普及協議会(APEV)で...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 電気自動車とハイブリッドのイイトコ取り!! アウトランダーPHEV

リーフやi-MiEVといった、すでに発売されている電気自動車は、どのクルマも高性能で運動性能や快適性では評価が高い。今ひとつ売れ行きが伸びないのは、航続可能距離の短さがネックなのだろう。リーフはJC08モードで228km...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 日産リーフが28万円プライスダウン!

昨年11月にマイナーチェンジを受けたばかりのリーフですが、日産は、突然4月に価格改定をすることを発表しました。今回の価格改定について、記者会見に現れた日産自動車の片桐隆夫副社長は「もっと多くのお客様に乗っていただくにはど...

続きを読む...

1 / 212