2014年7月」の記事一覧

アウトランダーPHEVとRVRがマイナーチェンジ

アウトランダーPHEVとコンパクトSUVのRVRが一部改良。  アウトランダーは、’12年12月登場という最新機種だけに「もう一部改良?」と思うかもしれないが、「クルマの完成度を高めたい」というメーカーの良心...

続きを読む...

日独最上級サルーン乗り比べ~メルセデス・ベンツS550/BMW アクティブハイブリッド7/レクサス LS600hL

威厳をかけた上級サルーンのトップ争い。各メーカーとも旗艦モデルには最新技術を投入している。高級サルーンの代名詞ともいえるメルセデスのSクラスがフルモデルチェンジを行なって、その評判はすこぶる高い。ではライバル車と比べると…

続きを読む...

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014 参戦日本人全員完走!

 今年で第92回を数えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムには、『山の男』の称号を与えられ、地元で人気者となっているモンスター田嶋こと田嶋伸博選手他、多数の日本人が参戦をしている。  日本勢が多く参戦すると...

続きを読む...

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014 EVクラスを三菱チームが制す!

 三菱自動車がパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦を開始したのは2012年のこと。それから3年目、ようやく三菱チームが優勝を果たした。 今年三菱チームが参戦したのはエレクトリックモディファイクラス。これ...

続きを読む...

CARトップ筑波テスト[ポルシェ911、レヴォーグ、BMW M235iほか]VOL.1

走りを優先するか?快適性を重視するか?  日本車は両極端な性能をもったクルマが多い。 燃費性能を優先するハイブリッドは、サーキットではまるで走りにくい。エンジン性能もタイヤもすべてが燃費という目的のために発されてしまう。.…

続きを読む...

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2014 ロメイン・デュマが総合優勝!

1916年にスタートし、92回を数えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。インディ500(インディアナポリス500マイルレース)に次ぐ長い歴史を持つ有名なヒルクライムレースである。毎年のアメリカ独立記念日前...

続きを読む...