2016年」の記事一覧

【CARトップTV第4回】自動車メディアが本気でバトル! ロードスター4時間耐久レース

マツダ・ロードスターで筑波サーキットを舞台に激熱バトルを繰り広げる  毎年9月に行われる「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。自動車雑誌や自動車WEB媒体など、編集者を中心にチームを結成し、マツダが提供してくれる...

続きを読む...

過去35年最速の市販車はどれ? 筑波サーキット全開アタックTOP10

GT-Rとポルシェが驚異のタイムを記録し続ける!  雑誌CARトップが長年に渡り実施してきた筑波テスト。市販車を筑波サーキットコース2000に持ち込み、全開走行を行うという内容だ。その意図は、クルマが持つ本当のポテンシャ...

続きを読む...

【履き替え前にチェック】保管していたスタッドレスタイヤは今冬も使えるか?

溝が残っていても寿命を迎えるものもある  氷面でもガッチリと食い込むチェーンがベストとはいえ、振動や脱着の手間がないスタッドレスタイヤはやはり便利だ。最近は性能もかなりよくなり、不安もなくなってきた。しかし、チェーンと違…

続きを読む...

【意外と知らない】雪道走行後の洗車は愛車を傷つける危険大!

普段通り洗うと愛車が傷だらけになることも  寒い冬の間、洗車はなかなかハードルの高い作業になる。当然水を使うので、寒さ・冷たさとの闘いになるからだ。そうはいっても、走れば汚れは付着するし、とくに雪道を走行したあとは、塩化…

続きを読む...

【自動車死語の世界】「重ステ」って何?

20代はもちろん30代でも未経験の可能性大  そもそも「重ステ」とはなんぞや。ヘタをすれば30歳代の方でも知らないかもしれない。携帯電話って生まれたときからありました的な、パワステしか知らないんです、と言われても仕方がな...

続きを読む...

【ムービー】松田次生がニスモロードカー4台いっき乗り!

ノーマルとはひと味違う「NISMO」の実力を公道で試す  日産のワークスであるニスモ。レースシーンでの活躍はご存じのとおりだが、もう一つ、最近の注目はコンプリートカーである。日産の市販車に独自のチューニングメニューを施し...

続きを読む...

【今さら聞けない】高速道路のサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いって何?

SAのほうが大きいイメージだがじつは明確な基準はない  帰省など、長距離ドライブのときにお世話になることの多い、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)。この両者の違いはどこにあるのだろうか? ただ漠然と規模の大...

続きを読む...

【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選

安全&快適な冬のドライブには備えが欠かせない  例年より早く冬将軍が到来したこの冬。気象庁の長期予報を見ても、この冬の降水(降雪)確率、平年並みが40%、平年より多いが40%で、雪への備えは欠かせない。カーライフでの雪対...

続きを読む...

【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主  マルチェロ・ガンディーニ。スーパーカー世代であれば、この名前を聞いただけで、キュン死もしくは悶死だろう。天才、そして奇才とも呼ばれ、一般的なカースタイリングとは一線を画すデザ…

続きを読む...

【カングーからメガーヌまで】MTを嗜むドライバー必見のルノー車たち

効率だけでは語れないMTの魅力が多くの車種で味わえる  例えば機械式の腕時計には特有の味わい深さと所有する喜びがあるように、たとえば吸入式の万年筆にはほかの筆記具には望めない書き心地と充足感があるように、つきあうのにちょ...

続きを読む...

【レクサスLC500やカマロは10段!】ギヤの段数は多ければ多いほどいいのか

エンジンの性能を引き出す役割という点だけで見れば段数は多いほどいい  トランスミッションの段数は、最近特に増加傾向にありますね。2000年くらいまでは5速マニュアルトランスミッション(MT)/4速オートマティックトランス...

続きを読む...

【CARトップTV第3回】ドリキンこと土屋圭市がホンダ新型NSXを公道で駆る!

神戸の市街地・高速・ワインディングで徹底チェック  2016年に登場したクルマのなかで、一番の話題作といってもいい新型ホンダNSX。我々WEB CARTOPも登場以来いくつもの記事を展開しているが、今回はドリキンこと土屋...

続きを読む...

バイクのすり抜けってアリ? 道交法以外に2輪4輪両方のマナーも重要

同一車線のクルマの右側をすり抜けるのは道交法違反  バイクのメリットに、渋滞等で流れが悪いときに、クルマとクルマの間をすり抜けて進む、いわゆる「すり抜け」というのがある。しかし、この「すり抜け」については、ドライバー・ラ…

続きを読む...

【意外と知らない】センターメーターのメリットって何?

正面にメーターがない=前方の視野が広げられる  プリウスやアクア、エスティマなどに採用されているセンターメーター。スピードメーターをはじめとする主要な計器類をダッシュボードの中央に配置するメリットは何なのか? 1 国内仕...

続きを読む...

割れた腹筋にご注目!? 綾波レイ役で大ブレイク中の引地裕美ちゃん

「日本レースクイーン大賞2016新人部門グランプリ」でグランプリを獲得  3年ぶりにスーパーGTに復活したエヴァンゲリオンレーシングにて、3代目綾波レイとして活躍したのが今月のカバーガール・引地裕美ちゃん。4輪レースのレ...

続きを読む...

1 / 12112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  2. あの高級車がわずか100万円! 安さを感じさせず見栄を張れる中古国産車3選

    あの高級車がわずか100万円! 安さを感じさせず見栄を張れる中古国産車3選

    クルマとしての「格」は申し分ない もはやクルマがステータスシンボルだっ...

  3. クラウンハイブリッドもフォレスターもレギュラー! 最近ハイオク仕様のクルマが減少しているワケ

    クラウンハイブリッドもフォレスターもレギュラー! 最近ハイオク仕様のクルマが減少しているワケ

    直噴エンジンの普及によりレギュラーでもノッキングを抑えられる トヨタの...

  4. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  5. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  6. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  7. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  8. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...

  9. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  10. 発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択! 新型ジムニー(J...