「編集スタッフブログ」の記事一覧 - 4ページ目

[編集スタッフブログ] “ボディカラー”でクルマは変わる

 自動車雑誌はもちろん、一般誌やTVなどでも話題沸騰の「ピンククラウン」。今月号のザッカーでも表紙に採用させてもらいました。 もちろん賛否はあるようですが、これまでクラウンの「ク」の字を知らない人も知っている話…という意...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 鈴木亜久里&土屋圭市の面白トークショー

 大阪オートメッセのXaCARゲストとして登場した鈴木亜久里さん、土屋圭市さん。このトークショーの司会はレースアナウンサーのピエール北川さんだ。本誌・城市編集長も、仕事仲間&友達という立場で一緒にトークショー開始。2人は...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 鈴木亜久里が暴露した「土屋圭市パンツ紛失事件」の真相

 大阪オートメッセの3誌合同ブースでは、たくさんのゲストを迎え、楽しいトークショーを繰り広げた。10日には、レース界のスーパースター鈴木亜久里さんと土屋圭市さんを迎え「楽しいスポーツカーの話」をすることになっていた。司会...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] カセットガスを燃料にして畑を耕す

 埼玉県の東武動物公園脇にある観光農園で開催された、ホンダ耕うん機体験取材会に参加してきた。ホンダには、人が乗って操縦するタイプの耕うん機はないが、人が操縦レバー(ハンドル)を持って歩きながら耕すミニ耕うん機は、たくさ…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] パイクスピーク2013、ロッドvsモンスターの対決がEVクラスで再現?

 昨年、日本人オフローダーたちがこぞってEVクラスに参戦して話題となった、パイクスピークインターナショナルヒルクライム。アメリカではインディ500に次ぐ歴史あるイベントです。標高2862m地点からスタートし、標高4301...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] オートモーティブワールド2013で、最多展示台数を誇ったのは?

 東京ビッグサイトで開催されたオートモーティブワールド2013では、台数は少ないもののいくつかの車両が展示されていました。MC後の最新リーフも、EV給電トラックQ電丸のモビリティープラスのブースにありました。 他の展示車...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 今年は目指せ「根アカです」

「今年、2013年は根アカになります」って意気込む中谷明彦さん。トモゾウは最初っから「根アカってなんですか?」って質問。 城市編集長と中谷さんはトモゾウの質問にビックリ「知らないの!?」って。トモゾウは使ったこともないし...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 土屋圭市のクレームと編集長の言い訳

 大阪オートメッセの86トークショーに出演した土屋圭市さん。いつも歯に衣着せぬ面白い話で、観客を煙に巻くが、今回もいくつも楽しいトークがあった。 86のスタッドレスタイヤの話になって、今月号の付録、土屋圭市の「雪道ドライ...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 寒さを吹き飛ばした3誌合同大阪オートメッセ特別ブース!

 3連休は、いかがお過ごしでしたか。ザッカー編集部は大阪オートメッセで活躍していました。東京オートサロンに続く、関西の大カスタムカー・イベントが大阪オートメッセです。2月9~11日の3日間の開催で、観客は20万人も・・・...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 今年も大盛況!! 大阪オートメッセ2013

 XaCARは今年もやってきました!! 大阪オートメッセ。  しかも、今回はXaCAR/CARトップ/ベストカー三誌合同ブース「クルマ大好き養成塾」で、さらにパワーアップしております。つまり、お台場で好評の「メガウェブフ...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] ミカングーとツーショット!

 横浜ベイサイドマリーナで行なわれた新型レンジローバー試乗会でのこと。自宅から近いということもあって、僕は愛車のカングーで試乗会へ向かいました。試乗を終え、駐車場に戻ると、なんと緑カングーの横にオレンジのカングーが仲良…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 付録も付いたXaCAR3月号は2月9日(土)発売です

 今月の注目は「新型クラウン」。ピンクのボディカラーが話題になっていますが、気になるのは「新たな革新への挑戦」と言うキーワード。その本質を大改革のフルモデルチェンジだった、先々代ゼロクラウン目線でチェックしてみると…。 .…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  6. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...