「編集スタッフブログ」の記事一覧 - 5ページ目

[編集スタッフブログ] JEVRAレースの現場からのフィードバック?

 電気自動車(EV)による50㎞の耐久レースシリーズ。2010年にスタートし、今年で4年目を迎えますが、シーズンごとに様々なEVが登場する等、EVにとっては、まだまだレース=開発の現場と言えます。パドックでは実に様々な会...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] ロンドンで実証試験中のデルタE4クーペ!

 イギリスのデルタモータースポーツ社の「デルタE4クーペ」を、オートモーティブワールド2013の会場で見ることができました。 これは電磁誘導方式ワイヤレス給電システム「クアルコム・ハロ」の紹介のために持ち込まれました。玄...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 秋田のオリジナルEVバス「ELEMO-AKITA」東京に登場!

 いすゞの中型バス・エルガミオをベースに、EVバスとして仕立てられた秋田のオリジナルバスELEMO(エレモ)が、オートモーティブワールド2013に登場しました。 トワダソーラーがエレモのルーフにFRP封止軽量太陽電池モジ...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 新千歳空港でなく、女満別空港がお馴染み

 昨日お届けしたスタッドレスタイヤ取材ですが、トーヨータイヤ・テストコースのある北見に最寄りの空港は、女満別(めまんべつ)空港となります。実はこの空港。自動車雑誌関係者にとっては、非常になじみの深い空港なんです。 北海道…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 冬の取材と言えば…タイヤです

 毎日寒い日が続いていると思ったら、花粉症の便りも届き、寒さに凍え、ちょっとした暖かさにホッとしながら毎日取材を進めているザッカー編集部です。真冬恒例の取材と言えば、北海道でのスタッドレスタイヤ取材です。 今日は、トーヨ…

続きを読む...

[編集スタッフブログ] アトラスF24、電動化への第一歩?

 日産がリチウムイオンバッテリーを、駆動用ではなく荷室の冷蔵・冷凍用に使うという、世界で初めてのトラックの実証実験を行なうという発表がありました。この車両「アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車」は、日産の...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 助っ人EVが2号車に進化! さらに3号車も?

 CHAdeMO方式の移動式急速充電システムによるEV救援の元祖といえば、新潟県の実証実験で登場した「助っ人EV」です。 「助っ人EV」は、電欠(電池切れ)したEVをレッカーで充電スタンドのあるところまで運ぶのではなく、...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 急速充電コネクタ第4世代へ!

 多くのCHAdeMO急速充電器に採用されている充電コネクタ。そのパイオニアともいえる矢崎総業が、4代目といえる新型充電コネクタを5月に発売することがわかりました。 初代モデル(コネクタ全体が黒いモデル)、日本国内モデル...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] マツダ・アテンザ、セダンとワゴンにこんな違いが!

 以前、「違いのわかるマニア講座」としてマツダCX-5のガソリン車とディーゼル車の違いについて、このコーナーで紹介したことがあります。またしても、マツダ車でとある違いを見つけてしまいました(重箱の隅をつつきたくなるような...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] 超小型モビリティは中小企業のもんじゃ!

 オートモーティブワールド2013に出展していた、大阪の中小企業が集結したおおさか地域創造ファンド。「大阪産EV開発プロジェクト」として、昨年6月にガイドラインが発表された超小型モビリティの規格に合わせた車両が並んでいま...

続きを読む...

[編集スタッフブログ] モンタジ、パイクスへ今シーズンもAPEVから継続参戦!

 1月15日に行なわれた電気自動車普及協議会(APEV)の記者発表会の席上で、今年6月にアメリカ・コロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013への参戦について、APEVの田嶋信博代表幹事...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  6. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...