「ロータス」の記事一覧

車重は約1トンながら416馬力を発生するエンジンを搭載したロータス・エキシージスポーツ410誕生

サーキット向けCUPシリーズのノウハウを投入!  ライトウェイトスポーツを手がけるロータス。人気のエキシージに、運動性能と実用性を兼ね備えたロータス・エキシージ スポーツ410が新たに追加され、販売が開始した。デリバリー...

続きを読む...

わずか16台のみのスペシャル仕様! ロータス・エキシージに70周年記念モデルが登場

よりスポーティに仕立てられたファン垂涎の1台  エルシーアイは、ロータス・エキシージのスペシャルモデル「70th アニバーサリーエディション」の販売を開始した。車両本体価格(税込み)は、1058万4000円。  ロータス...

続きを読む...

100km/hまでわずか3.7秒! ロータス・エヴォーラにGT430スポーツが新登場

最高速のためにこだわり抜いたボディにも注目  ロータスの2+2のスポーツモデルに、シリーズ最強となる「エヴォーラGT430スポーツ」が登場した。  エクステリアは、前後バンパーやルーフパネル、リヤクオーターパネル、テール...

続きを読む...

【試乗】衝撃の速さ! 新型ロータス3モデルをワインディングで駆る

軽量かつ低重心で異次元の速さを見せたエリーゼ  ロータスといえば我々昭和の世代にとっては、かつて創設者のコーリン・チャップマンが率い、F1で活躍した「ロータスF1」の輝かしい実績を思い浮かべる。しかし現在のロータスはさま...

続きを読む...

【試乗】新型ロータス3台一気乗り! 鈴鹿サーキットで見せた超絶進化とは

前モデルからの徹底した軽量化は効果絶大  鈴鹿F1GPサーキットをロータスで攻める!! エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ、ロータスの最新にして最強モデルの鈴鹿試乗が叶う。喜び勇んで向かった鈴鹿は、前日の台風の影響で地盤が...

続きを読む...

ロータスが帰ってきた! より軽く・速く・楽しさを追求した新型が日本上陸

原点に立ち戻ったロータスらしいラインアップを日本で発表 ロータスは2017年6月23日に全ラインアップモデルを一新! その日本初お披露目が10月11日に東京六本木で行われた。日本限定モデルのエリーゼなどを展示し、496....

続きを読む...

【世界の名車】これぞスポーツカーの真の姿! 初代ロータス・エリーゼ

アンダーパワーのエンジンでも超軽量で操る楽しさに溢れていた  “軽い”ということがクルマに及ぼす物理的な影響のなかに、悪い要素などない。たとえば同じ馬力で走る場合には軽いほうが負担が少ないぶんだけ素早く加速できるわけだし...

続きを読む...

FSWのパドックを500台のロータスが埋め尽くす! ジャパン・ロータス・デイ2017

新旧さまざまなロータスが一堂に会する年に1度のイベント  1年に1度、クラシックロータスから現行ロータスまでがズラリと並ぶ「ジャパン・ロータス・デイ2017」が富士スピードウェイで行われた。当日は約500台以上のロータス...

続きを読む...

【オートサロン2017】ロータス史上最速のロードカー「3イレブン」を展示

ロータスブースでアンケートに答えると小冊子がもらえる  英国のスポーツカーメーカー「ロータス」は、2017年1月13日から15日に千葉県の幕張メッセで行われる東京オートサロンに3台を出展すると発表した。  注目は2015...

続きを読む...

【意外と知らない】ロータスの車名はなぜ「E」で始まるのか?

正確な理由は不明だが縁起担ぎという説も  ロータスの車名は頭文字がEというのは、よく耳にするウンチクだ。最初に付いたのは1956年のイレブンからで、創業者のコーリン・チャップマンが初めてロータスの名前を付けたマーク1から...

続きを読む...

【試乗】エヴォーラ400は間違いなくロータス史上最速のロードモデル!

中谷明彦に「サーキットで限界性能を試したい!」と言わせる高性能 4人乗りのミッドシップ・スーパースポーツカーとして人気の高いロータス・エヴォーラが、よりパワフルに進化し、速さを増した。トヨタ製3.5リッター V型6気筒ガ...

続きを読む...

【東京オートサロン】ロータスはエヴォーラ400&SGT-EVORAなど展示

2015年に発売されたエヴォーラ400のほか、人気キャンギャルも登場!  ライトウェイトスポーツカーの代名詞ロータスが2016年1⽉15⽇(⾦)から17⽇(⽇)の3⽇間で行われる東京オートサロンに出展する。エルシーアイ株...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  4. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  5. 使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    クルマ自体が進化したために使われなくなった言葉も  昭和は遠くになりに...

  6. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨上がりに放置はNG! 露天駐車のクルマの寿命を延ばすひと手間とは?

    雨がやんだ直後に走行するだけで錆対策になる 最近はやたらと雨が多かった...

  10. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...