「ロータス」の記事一覧

車重は約1トンながら416馬力を発生するエンジンを搭載したロータス・エキシージスポーツ410誕生

サーキット向けCUPシリーズのノウハウを投入!  ライトウェイトスポーツを手がけるロータス。人気のエキシージに、運動性能と実用性を兼ね備えたロータス・エキシージ スポーツ410が新たに追加され、販売が開始した。デリバリー...

続きを読む...

わずか16台のみのスペシャル仕様! ロータス・エキシージに70周年記念モデルが登場

よりスポーティに仕立てられたファン垂涎の1台  エルシーアイは、ロータス・エキシージのスペシャルモデル「70th アニバーサリーエディション」の販売を開始した。車両本体価格(税込み)は、1058万4000円。  ロータス...

続きを読む...

100km/hまでわずか3.7秒! ロータス・エヴォーラにGT430スポーツが新登場

最高速のためにこだわり抜いたボディにも注目  ロータスの2+2のスポーツモデルに、シリーズ最強となる「エヴォーラGT430スポーツ」が登場した。  エクステリアは、前後バンパーやルーフパネル、リヤクオーターパネル、テール...

続きを読む...

【試乗】衝撃の速さ! 新型ロータス3モデルをワインディングで駆る

軽量かつ低重心で異次元の速さを見せたエリーゼ  ロータスといえば我々昭和の世代にとっては、かつて創設者のコーリン・チャップマンが率い、F1で活躍した「ロータスF1」の輝かしい実績を思い浮かべる。しかし現在のロータスはさま...

続きを読む...

【試乗】新型ロータス3台一気乗り! 鈴鹿サーキットで見せた超絶進化とは

前モデルからの徹底した軽量化は効果絶大  鈴鹿F1GPサーキットをロータスで攻める!! エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ、ロータスの最新にして最強モデルの鈴鹿試乗が叶う。喜び勇んで向かった鈴鹿は、前日の台風の影響で地盤が...

続きを読む...

ロータスが帰ってきた! より軽く・速く・楽しさを追求した新型が日本上陸

原点に立ち戻ったロータスらしいラインアップを日本で発表 ロータスは2017年6月23日に全ラインアップモデルを一新! その日本初お披露目が10月11日に東京六本木で行われた。日本限定モデルのエリーゼなどを展示し、496....

続きを読む...

【世界の名車】これぞスポーツカーの真の姿! 初代ロータス・エリーゼ

アンダーパワーのエンジンでも超軽量で操る楽しさに溢れていた  “軽い”ということがクルマに及ぼす物理的な影響のなかに、悪い要素などない。たとえば同じ馬力で走る場合には軽いほうが負担が少ないぶんだけ素早く加速できるわけだし...

続きを読む...

FSWのパドックを500台のロータスが埋め尽くす! ジャパン・ロータス・デイ2017

新旧さまざまなロータスが一堂に会する年に1度のイベント  1年に1度、クラシックロータスから現行ロータスまでがズラリと並ぶ「ジャパン・ロータス・デイ2017」が富士スピードウェイで行われた。当日は約500台以上のロータス...

続きを読む...

【オートサロン2017】ロータス史上最速のロードカー「3イレブン」を展示

ロータスブースでアンケートに答えると小冊子がもらえる  英国のスポーツカーメーカー「ロータス」は、2017年1月13日から15日に千葉県の幕張メッセで行われる東京オートサロンに3台を出展すると発表した。  注目は2015...

続きを読む...

【意外と知らない】ロータスの車名はなぜ「E」で始まるのか?

正確な理由は不明だが縁起担ぎという説も  ロータスの車名は頭文字がEというのは、よく耳にするウンチクだ。最初に付いたのは1956年のイレブンからで、創業者のコーリン・チャップマンが初めてロータスの名前を付けたマーク1から...

続きを読む...

【試乗】エヴォーラ400は間違いなくロータス史上最速のロードモデル!

中谷明彦に「サーキットで限界性能を試したい!」と言わせる高性能 4人乗りのミッドシップ・スーパースポーツカーとして人気の高いロータス・エヴォーラが、よりパワフルに進化し、速さを増した。トヨタ製3.5リッター V型6気筒ガ...

続きを読む...

【東京オートサロン】ロータスはエヴォーラ400&SGT-EVORAなど展示

2015年に発売されたエヴォーラ400のほか、人気キャンギャルも登場!  ライトウェイトスポーツカーの代名詞ロータスが2016年1⽉15⽇(⾦)から17⽇(⽇)の3⽇間で行われる東京オートサロンに出展する。エルシーアイ株...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  2. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  5. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  6. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  7. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...

  8. 発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択! 新型ジムニー(J...

  9. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  10. トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    地域によっては補助金だけでなんと303万円! 何と! 燃料電池車トヨタ...