[動画]新型マツダデミオを若い女性目線でチェック試乗

 新型マツダ デミオをニューカー速報プラスレディのみさおチャンがチェック。
ライバルとなるのは、同じBセグメントのフィットやアクア、ヴィッツなどのコンパクトカー。
ハイブリッド車もあり、まさに激戦区。
新型マツダ デミオは、スカイアクティブ1.3Lガソリンエンジンを改良して搭載。
そして目玉は、何といってもスカイアクティブDの1.5Lディーゼルターボエンジンだ。
ヨーロッパでは、フォルクスワーゲン・ポロやフォード・フィエスタなどのコンパクトカーもディーゼルエンジンの普及率の高い。しかし、日本市場でマツダデミオのようなコンパクトカーへの搭載は希だ。
記憶を辿れば、1980年代にダイハツがシャレードが1Lディーゼルを搭載していた。

 そのような経緯もあって若い女性にとって、ディーゼルエンジンは事実上初体験のはず。
さて、実際にステアリングを握って走ってもらうと、デミオそのものの素性の良さも手伝って、ディーゼルエンジンも好印象だった様子。

  

 マツダ デミオ

【関連記事】泥系の「無骨」さ皆無! 自宅リビングより「オシャレ番長」な室内のSUV5選

文書名 -demio_hyo1-4reの詳しい情報は、

ニューカー速報プラス
新型マツダ・デミオ

 (交通タイムス社発行・780円)にて掲載。
お求めコチラ>>>>交通タイムス社


デイリーランキング