• TOP > 動画 > [動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

[動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

日本人初のFIAチャンピオン新井敏弘さんがスバルWRXプロトを試乗

 8月25日に発売されたスバルWRX。
これまでスバル・インプレッサの派生モデルであったが、新型スバルWRXからは独立したモデルとなった。

 このモデルからセダンのみとし、スバル・レヴォーグと同じ新世代シャーシを採用。ボディ剛性は大幅にアップしている。

 グレードは、サーキット走行などモータースポーツにも対応できるSTIと
スポーティセダンとなるS4の2タイプ。

 その違いは、
STIは従来モデルから継承する信頼のパワーユニットEJ20型2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。これに6速MTを組み合わせる。
一方S4は、FA20型2L水平対向4気筒直噴ターボエンジンに※8速CVT(スポーツリニアトロニック)とレヴォーグ2.0が採用するパワートレインを搭載する。
※S#モードのマニュアルにするとクロスレシオ8速、そのほかのモードでは6速。

 今回は、P-WRCでFIAチャンピオンを獲得した新井敏弘選手にS4を試乗してもらった。
前述したようにSTIに比べるとGT的な要素をもつスポーティセダンなので、激しい走りは期待していなかった。
しかし、ボディ剛性が高まり、シャープなハンドリングや300psのエンジンパワー、ダイレクト感のあるCVTが、
新井敏弘さんのスポーツマインドに火を付けて本気の走りをしてしまったのだ。

  


ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  7. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...

  10. 40〜50年前の激レアな旧車は普通のクルマとして普段使いできるのか?

    40〜50年前の激レアな旧車は普通のクルマとして普段使いできるのか?

    発売当初は普通のクルマとして使われていたのだから可能だが…… 乗ること...