• TOP > 動画 > [動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

[動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

日本人初のFIAチャンピオン新井敏弘さんがスバルWRXプロトを試乗

 8月25日に発売されたスバルWRX。
これまでスバル・インプレッサの派生モデルであったが、新型スバルWRXからは独立したモデルとなった。

 このモデルからセダンのみとし、スバル・レヴォーグと同じ新世代シャーシを採用。ボディ剛性は大幅にアップしている。

 グレードは、サーキット走行などモータースポーツにも対応できるSTIと
スポーティセダンとなるS4の2タイプ。

 その違いは、
STIは従来モデルから継承する信頼のパワーユニットEJ20型2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。これに6速MTを組み合わせる。
一方S4は、FA20型2L水平対向4気筒直噴ターボエンジンに※8速CVT(スポーツリニアトロニック)とレヴォーグ2.0が採用するパワートレインを搭載する。
※S#モードのマニュアルにするとクロスレシオ8速、そのほかのモードでは6速。

 今回は、P-WRCでFIAチャンピオンを獲得した新井敏弘選手にS4を試乗してもらった。
前述したようにSTIに比べるとGT的な要素をもつスポーティセダンなので、激しい走りは期待していなかった。
しかし、ボディ剛性が高まり、シャープなハンドリングや300psのエンジンパワー、ダイレクト感のあるCVTが、
新井敏弘さんのスポーツマインドに火を付けて本気の走りをしてしまったのだ。

  


ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  6. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...