• TOP > 動画 > [動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

[動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

日本人初のFIAチャンピオン新井敏弘さんがスバルWRXプロトを試乗

 8月25日に発売されたスバルWRX。
これまでスバル・インプレッサの派生モデルであったが、新型スバルWRXからは独立したモデルとなった。

 このモデルからセダンのみとし、スバル・レヴォーグと同じ新世代シャーシを採用。ボディ剛性は大幅にアップしている。

 グレードは、サーキット走行などモータースポーツにも対応できるSTIと
スポーティセダンとなるS4の2タイプ。

 その違いは、
STIは従来モデルから継承する信頼のパワーユニットEJ20型2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。これに6速MTを組み合わせる。
一方S4は、FA20型2L水平対向4気筒直噴ターボエンジンに※8速CVT(スポーツリニアトロニック)とレヴォーグ2.0が採用するパワートレインを搭載する。
※S#モードのマニュアルにするとクロスレシオ8速、そのほかのモードでは6速。

 今回は、P-WRCでFIAチャンピオンを獲得した新井敏弘選手にS4を試乗してもらった。
前述したようにSTIに比べるとGT的な要素をもつスポーティセダンなので、激しい走りは期待していなかった。
しかし、ボディ剛性が高まり、シャープなハンドリングや300psのエンジンパワー、ダイレクト感のあるCVTが、
新井敏弘さんのスポーツマインドに火を付けて本気の走りをしてしまったのだ。

  


ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  7. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  8. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  9. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  10. 外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    信頼性も高く海外でも人気 日本メーカーの海外市場専売車には、日本人にと...