• TOP > 動画 > [動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

[動画]スバルWRX S4日本初本気ドリフト!

日本人初のFIAチャンピオン新井敏弘さんがスバルWRXプロトを試乗

 8月25日に発売されたスバルWRX。
これまでスバル・インプレッサの派生モデルであったが、新型スバルWRXからは独立したモデルとなった。

 このモデルからセダンのみとし、スバル・レヴォーグと同じ新世代シャーシを採用。ボディ剛性は大幅にアップしている。

 グレードは、サーキット走行などモータースポーツにも対応できるSTIと
スポーティセダンとなるS4の2タイプ。

 その違いは、
STIは従来モデルから継承する信頼のパワーユニットEJ20型2L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載。これに6速MTを組み合わせる。
一方S4は、FA20型2L水平対向4気筒直噴ターボエンジンに※8速CVT(スポーツリニアトロニック)とレヴォーグ2.0が採用するパワートレインを搭載する。
※S#モードのマニュアルにするとクロスレシオ8速、そのほかのモードでは6速。

 今回は、P-WRCでFIAチャンピオンを獲得した新井敏弘選手にS4を試乗してもらった。
前述したようにSTIに比べるとGT的な要素をもつスポーティセダンなので、激しい走りは期待していなかった。
しかし、ボディ剛性が高まり、シャープなハンドリングや300psのエンジンパワー、ダイレクト感のあるCVTが、
新井敏弘さんのスポーツマインドに火を付けて本気の走りをしてしまったのだ。