「タグ: パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」の記事一覧 - 3ページ目

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

【パイクスピーク2015】サイドカーの次に目指すものは?

 レーシングサイドカーで、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦を続けているのが渡辺正人選手だ。  43歳の時にマン島TTレースにレーシングサイドカーで出場。しかし、家族から「マン島は危ない」と反対され、...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】一家でレースに参戦するミレン・ファミリーが集合

 100年もの歴史を持つアメリカのモータースポーツの世界では、一家でレース参戦をするレース・ファミリーが数多く存在する。アンドレッティ家であったり、アンサー家であったり、といった具合だ。 そのアンサー家だが、パイクスピー...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ラトビア共和国から来たこのレーシングカー、あなたは知っていますか?

 ラトビア共和国から参戦のDrive eOチームが、参戦3年目の今回、ついに真打ともいえるEVマシンを、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015に持ち込んできた。 それが、このeO PP03である。  こ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ホンダが4WD電気自動車の研究車両を投入

 1916年にスタートし、インディ500に 次ぐ長い歴史を持つ有名なヒルクライムレース、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015のレースウィークが始まった。  初日はインスペクションデー、車検日ということ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】車検から予選まで!すべて裏側をお見せします

■ゆったりとした車検に対して過酷なスケジュールの走行セクション  パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの、レースウィーク初日となる6月22日に行なわれるのが車検。コロラドスプリングスの街にあるワールドアリーナ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】断崖絶壁を走る全長20kmのコース詳細解説

■高所恐怖症がビビるガードレールがない高速セクション  ひたすら山を登って、誰が一番速いかを競う「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015」。その20kmにわたるコースは、平均勾配7%で標高差が1500m...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】約100年前初開催の富士山より高いヒルクライムレース

■1916年に初開催したヒルクライムレース ゴール地点の標高は富士山より高い4301m 「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」が行なわれるのは、アメリカの西部、ロッキー山脈東側に位置する山のひとつ、コロラド...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ついに電気自動車が総合優勝する日が来るか

 6月28日(日)に決勝を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015。開催まで1カ月を切り、事前の練習走行会直前というタイミングだが、6月2日付の最新のエントリーリストが公開された。  今年のパイクス...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】パイクスピーク・ヒルクライムに挑戦する新型EVマシン

 アメリカ・コロラド州にあるパイクスピークで6月28日に決勝レースが行なわれるパイクスピーク・インターナ ショナル・ヒルクライムに「TEAM APEV with MONSTER SPORT」として、モンスター田嶋こと田嶋...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ホンダの”謎”のパイクスピーク出場車両がわかった!!

 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015への参戦の内容がホンダから公表された。  現地時間3月2日付で暫定エントリーリストが発表された際に、山野哲也選手が謎のホンダ車でパイクスピークへ挑戦する旨の第一報...

続きを読む...

【ニュル24hレース特集】山内一典さんが語る「新たな挑戦!」

 グランツーリスモ・シリーズでおなじみのポリフォニー・デジタルを率いる山内一典さんも、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑戦を続けるニュルの魅力に憑りつかれたひとりである。 43rd ADAC Zurich 24h ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】山野哲也選手がパイクスピーク2015参戦!

 現地時間3月2日付で、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015(6月28日決勝)の暫定エントリーリストが発表された。  今年も4輪73台、2輪78台がエントリーする。ここ数年EVクラスに多くの日本人&日...

続きを読む...

デイリーランキング