「タグ: 名車」の記事一覧

名車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

初代クラウンが日本車を「変えた」! 圧倒的な名車たる中身とは?

それまでの国産車とは違う「本物」を目指して作られた  一部報道では現行型を最後に消滅するだとか、次世代モデルはSUVになるだとか、さまざまなウワサが上がっているトヨタの最高級セダンのクラウン。  現行型は15代目となり、...

続きを読む...

中身はドイツ! デザインはイタリア! 世界をざわつかせた「カルマンギア」という衝撃の名車

20年間生産されたロングセラーモデルだった  自動車としては世界で最多の累計生産台数2152万9464台を記録した歴史的な大衆車である、フォルクスワーゲン・タイプ1。多くの読者にとっては「ビートル」という愛称のほうがわか...

続きを読む...

作りに作ったり3000万台! 歴史と記憶に残る「偉大すぎる」ダイハツの名車5選

軽ホットハッチカテゴリーの始祖やクルマの原点と呼べるモデルも  ダイハツ工業株式会社(ダイハツ)は、2020年9月生産分実績をもって、ダイハツブランド車両の国内生産累計台数が3000万台に達したことを発表した。日本の自動...

続きを読む...

じつは凄いダイハツの「軽自動車以外」のクルマ! 歴代「オリジナル」の「普通車」が名車だらけだった

モータースポーツ参戦のベース車など魅力的なモデルが存在!  古くはミラやムーヴ、現在ではタントやタフト、コペンなどさまざまなタイプの人気軽自動車をリリースし続けているダイハツ。その一方でダイハツの普通車というとブーン、ロ…

続きを読む...

消しちゃいけなかった名車! 「カローラ」は生き残ったのに「サニー」が消滅したワケ

ユーザー層の見直しを図ったもののイメージを変えられなかった  1966年のデビュー以来、最大のライバル車であったトヨタ・カローラとしのぎを削り、日本の大衆車のレベルを引き上げることとなった立役者である日産サニー。しかし、...

続きを読む...

「銭ブル」「タコツー」「おばけローレル」! 「遊び心」が全国区になった驚きのクルマの愛称8選

ブサカワ系からイカツイものまで愛称のつくモデルは幅広い  最近ではめっきり見かけなくなったのが、クルマの愛称。ハコスカやダルマなど、車名よりも浸透しているもので、実際仲間内のやり取りでもよく使われたものだ。クルマがそれだ…

続きを読む...

すべてが「名車」扱いなのになぜ? いすゞが乗用車から離れて「復活しない」謎

国内ではビッグホーンを最後に乗用車事業から撤退した  2022年を目途に本社を、創業の地である東京・大森から神奈川・横浜に移転すると発表している「いすゞ」。その創業は1916年。国内の現存自動車メーカーのなかでは最古の歴...

続きを読む...

単なる「知識自慢」じゃなかった! R32・FD・JZX100などクルマ好きが車名じゃなく型式でクルマを呼ぶワケ

車両の仕様などが判別できるコードみたいなもの  自動車にはそれぞれ固有の名前が付けられている。いわゆる「車名」というものだ。通常はカローラやスカイラインといった車名でクルマのことを呼ぶのが一般的であるが、コアなクルマ好き…

続きを読む...

農道のポルシェに小さなセルシオ! いま復活すれば話題沸騰間違いなしの消えた名車4選

同様のコンセプトがないモデルや現代の概念に合ったモデルも!  毎年多くの新型車が登場する一方で、残念ながら生産を終了してしまうモデルもある。生産を終了する理由はさまざまだが、なかには惜しまれつつ姿を消していったモデルや時…

続きを読む...

永遠の名車! R32型スカイラインGT-Rに乗って衝撃をうけたこと3つ

当時の水準から考えると高出力と感じる人が多数!  登場から30年以上が経過した現在でも高い人気と実力を兼ね備えた名車、R32型スカイラインGT-R。  日本国内でしか正規販売されていなかったものの、プレイステーション用レ...

続きを読む...

【昭和・平成・令和!】3つの時代を生き抜く偉大なる長寿国産車4選

初代のコンセプトを引き継いで3つの時代を経た  時が経つのは早いもので、まもなく登場するヤリスの前身であるヴィッツですら登場から20年以上が経過していると聞いて驚いた人もいたのではないだろうか?  しかし、ヴィッツでさえ...

続きを読む...

名車揃いだったのになぜ? スバルが軽自動車の自社開発をやめたワケ

使い勝手よりも基本性能! スバルのこだわりが自らを苦しめた  スバルが軽自動車の自社開発からの撤退を発表したのは、忘れもしない2008年4月10日。多くのスバリストを絶望のどん底に追いやった日である。同年12月16日のW...

続きを読む...

1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ

車体の大型化もなんのその! 新型は新規客を呼び込んでいる  新型トヨタ・カローラセダンとステーションワゴンのツーリングが正式発売されて2カ月が過ぎた。トヨタが発信したリリースによると、ハッチバックのスポーツも含む、カロー.…

続きを読む...

勝手に賞賛! 20世紀に誕生した世界に誇れる偉大すぎる日本車5選+α

中古市場で「億」を超える取引額の名車も  かつて新世紀という言葉が近未来を示す時代があった。いまや21世紀であることが当たり前であり、なおかつ次の22世紀というのは未来といっても自分たちが生きているとは思えず、リアルな未...

続きを読む...

1 / 912345...»

デイリーランキング