「伊達軍曹」の記事一覧

WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

名前:
伊達軍曹
肩書き:
自動車ライター
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ STI Sport EX
趣味:
絵画制作
好きな有名人:
町田 康

東京都杉並区生まれ。音楽と美術、現代国語(だけ)が得意な少年としてすくすく育つ。外資系消費財メーカー本社勤務を経て自動車専門出版社に転職。輸入車専門誌複数の編集長を歴任後、フリーランスの編集者/執筆者として2006年に独立。「手頃な価格の輸入中古車ネタ」を得意としつつ、ジャンルを問わずさまざまな媒体に多数の読み物記事を寄稿している。愛車遍歴はルノー5バカラ(5MT)、ルノー メガーヌ クーペ16V、メルセデス・ベンツ 190E 2.3-16、ポルシェ911カレラ2、アルファロメオ GTV 3.0 V6 24V、ランチア デルタHFインテグラーレ エボルツィオーネII等々だったが、その後なぜか唐突にスバル車の魅力にハマっている。

「フーガとクーガ」「カルタスにカクタス」「ソニックときてセニック」! あぁ紛らわしやクルマの名前

この記事をまとめると ■「名前は似てるけどまったく異なるクルマ」について検討 ■編集部の依頼に筆者は困惑!? ■意外にも多くの組み合わせが存在した パナメーラとプリメーラにテスラとステラ!?  年が明けたというのにこれと...

続きを読む...

もうこの場から消えてしまいたい! クルマの気まずいシチュエーションあるある4つと対処法

この記事をまとめると ■クルマに乗っていて気まずいシチュエーションになるケースは多くの人が経験 ■なかでもよくある4つのケースを取り上げた ■それぞれの対処法についても言及している ディーラーのお見送りはむしろ辛いサービ...

続きを読む...

空腹時に目にすると辛い!? 探したら結構ある「美味しそう」な車名のクルマたち

この記事をまとめると ■美味そうな車名のクルマを探してみた ■お惣菜よりはどちらかというとお菓子屋甘い物のような車名が多い ■国産車のみならず輸入車にもその手のクルマが結構ある様子 Mission! 美味そうな名前のクル...

続きを読む...

マニアすら言葉を失う自動車メーカーの狂気! 敬意を込めて呼ぶ「おバカー」の世界

この記事をまとめると ■自動車メーカーがとち狂って開発したクルマ「おバカー」を探した ■ワンオフモデルが多いが市販化された物もある ■本稿では「”偉大なる”おバカー」ということで称賛したいと思う 自動車メーカーもたまには...

続きを読む...

同じお金を払うならドッチが幸せ? 国産新車 vs 高級輸入車の中古を4番勝負で比べてみた

この記事をまとめると ■国産車の新車と高級輸入車の中古はどちらがお得か徹底比較 ■1000万円クラスの高級車も中古なら数百万円で買える ■輸入車のネックは維持費だがそれを踏まえても買うべきかどうかを検証する 国産の新車と...

続きを読む...

正しく「読めない」「書けない」「憶えられない」! 別に難解でもないのにナゼか「間違えられがち」な名前のクルマたち

この記事をまとめると ■間違われがちな名前を持つクルマがいくつか存在する ■例えば、三菱ミラージュ XYVYXを正確に書くのはかなり難しい ■ほかにも具体車種をいくつか挙げ、紹介する 三菱ミラージュのグレード「XYVYX...

続きを読む...

人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

この記事をまとめると ■スーパーカーは成功者の証といえる ■だが実際走らせるには結構な苦労がある ■実際にオーナーから聞いた苦労5つを紹介 スーパーカーを持てる年齢になると身にしみる辛さも 「水面に優雅に浮かぶ白鳥も、水...

続きを読む...

スポーツモデルの標準や純正OP設定のシートが「レカロだらけ」な理由

この記事をまとめると ■「レカロ」には100年以上の歴史がある ■モータースポーツ分野以外にも医療用シートなども取り扱うシートメーカーである ■圧倒的ネームバリューによって世界中で愛されている そもそもレカロって何が凄く...

続きを読む...

「二度聞き」必至の語感! 謎に「中毒性」のあるクルマの車名その2

この記事をまとめると ◼︎まるで動物のような名前がランボルギーニに存在した ◼︎スーパーカーと思いきや……そうでもないクルマだった ◼︎縁起が悪いということで日本だけ車名を変更した異色の車種がある あまりにも個性的すぎて...

続きを読む...

社長になれば「フェラーリ」を会社名義でリースして経費計上して乗れる? 都市伝説的な疑問を公認会計士にぶつけた!

この記事をまとめると ■会社名義でフェラーリをリースしてそれを経費計上できるかを会計士に確認 ■経費計上できる・できないにブランドは一切関係がない ■必要以上に社用車の台数が多いと否認される場合もある フェラーリであって...

続きを読む...

ピクニックに300万円! バッグセットが500万円! 18Kの鍵が50万円! 笑うしかないクルマの「真の贅沢装備」

この記事をまとめると ◾︎100万円超えのブレーキなどは相応の効果があるから贅沢装備ではない ◾︎真の贅沢は走りに関係のない装備 ◾︎贅沢を極めたいならロールスロイスが最強 本当の贅沢装備は「走りに関係ない」装備だ! 「...

続きを読む...

「え?」思わず聞き返して何度も呼びたくなる! 日本で聞くと不思議な「語感」の車名とその意味

この記事をまとめると ◾︎日本人が聞くと語感から思わず声に出したくなる車名のクルマがある ◾︎本国での意味を聞くと拍子抜けするほど普通の意味であったりする ◾︎今回はそんな輸入車2台を紹介する 思わず口に出したくなるクル...

続きを読む...

昭和のスーパースター3人が乗っていたガルウイング! 当時のドル円換算で245万円だったメルセデス・ベンツ300SLとは

この記事をまとめると ■海外オークションでは1億円超で落札されるメルセデス・ベンツ300SL ■日本では力道山・石原裕次郎・夏木陽介が乗っていた ■発売当時の価格は当時のドル円換算で245万円 昭和のスーパースターのガル...

続きを読む...

いまや激減した「男らしさ」の証! 減った理由と背面タイヤが「ドンピシャ」だったクルマとは

SUVの流行により背面タイヤのクルマは激減  車両のリヤゲートにスペアタイヤが付いているタイプのクルマを見る機会も少なくなった。現行モデルで背面タイヤが付いているのはスズキ・ジムニーとメルセデス・ベンツのGクラス、あとは...

続きを読む...

「輸入車の代表格『歴代VWゴルフ』が褒められる理由は?」のお題に待った! 天邪鬼ライターの意外な結論とは

衝撃の事実! ゴルフは日本一販売台数の多い輸入車ではなかった  過日、筆者宅のMacBook Airにピロリ~ンと1通のメールが届いた。送り主はWEB CARTOPの編集者で、「歴代ゴルフはなぜ褒められるのか? 毎回コン...

続きを読む...

デイリーランキング