「山本晋也」の記事一覧

WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

1969年生まれ。1990年代前半に自動車メディア界へ飛び込み、中古車雑誌編集長などを経て、フリーランスへ転身。2010年代からWEBメディアを舞台に自動車コラムニストとして活動中。タイヤの有無にかかわらずパーソナルモビリティに興味津々で、過去と未来を俯瞰する視点から自動車業界の行く末を考える日々です。個人ブログ「クルマのミライ(https://yamamotosinya.livedoor.blog/)」やYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/tatukaze/)にて情報発信中。

「ホイール」に「シフトレバー」! 歴代プリウスの功績は「ハイブリッドの浸透」だけじゃないんです

この記事をまとめると ■プリウスはハイブリッドシステムの量産を実現したモデルとして名高い ■しかしハイブリッド以外にも注目すべき点が多々ある ■そこで今回は歴代プリウスの功績を振り返ってみた 初代プリウスに採用されたセン...

続きを読む...

作業者もいないのにパイロンで封鎖された車線が延々と続く! 高速の工事規制の範囲がものすごく長い理由

この記事をまとめると ■道路の工事というのは安全を維持するためなので避けられない ■高速道路ではパイロンで規制しているだけの車線が延々と続いていることも ■これは安全のためであり、規制されている車線を走るのは違反 安全の...

続きを読む...

右側車線の遅いクルマ左車線で抜いた……コレって違反? イマイチ知られていない「追い越し」と「追い抜き」の違いとは

この記事をまとめると ■高速道路では基本的に右側が追い越し車線 ■「追い越しは右側から」と道路交通法で定められている ■しかし、追い抜きについては明記がない 「追い越し」と「追い抜き」は異なる  複数車線の高速道路では右...

続きを読む...

過去に挑戦はしているけど……軽とかリッターカーとかの小排気量ディーゼルが存在しないワケ

この記事をまとめると ■軽自動車などの小排気量エンジンにディーゼルが存在しない理由を解説 ■ディーゼルエンジンは構造上高回転でパワーを稼ぐ方式の小排気量エンジンとは相性が悪い ■ごくわずかに小排気量ディーゼルエンジンは登...

続きを読む...

EV乗りからの徴税を目的とする「走行距離税」案! エンジン車乗りにとっても物流にとっても「増税」の可能性あり

この記事をまとめると ■2022年10月26日に開かれた政府税調で「走行距離税」が提案された ■その背景には電気自動車の普及による自動車関連税の減収にある ■走行距離税の問題として流通を担うトラックやバンの税負担が大きい...

続きを読む...

新型プリウスはもう燃費最優先のエコカーじゃない! 「色」と「デザイン」に隠れたトヨタが本気で目指す「愛車道」

この記事をまとめると ■フルモデルチェンジしたプリウスの色に注目 ■ホイールアーチは素材色とブラックパール ■新色の「アッシュ」と「マスタード」が用意される 樹脂トリムによってタイヤを大きく見せている  世界的にハイブリ...

続きを読む...

新型プリウスが鉄腕アトムの聖地「高田馬場」にて世界初公開! 2リッター&1.8リッターハイブリッドとPHVで展開

この記事をまとめると ■5代目となる新型プリウスが発表された ■1.8リッターハイブリッド、2リッターハイブリッド、2リッターPHEVが用意される ■燃費などの細かい詳細は未定だが、冬頃の販売を目指して現在調整中とのこと...

続きを読む...

ついに「RS」登場もオートマだけ!? フィットRSは果たしてこれでいいのか?

この記事をまとめると ■2022年10月のマイナーチェンジで4代目フィットにRSが復活した ■しかし2モーターハイブリッドとCVTの2択 ■MTの設定がなくてもフィットRSは受け入れられるのだろうか フィットRS復活もM...

続きを読む...

採算度外視! チャレンジ魂だけで誕生! 自動車メーカーに敬礼必至の国産「きよぶたカー」4選

この記事をまとめると ■クルマの開発には数百億円かかるとも言われており新車の開発には体力が必要だ ■赤字覚悟でも市販する意味があると判断されたクルマは一か八かで市場に送り込まれる ■チャレンジ精神があったからこそ生まれた...

続きを読む...

「お金」のためにも「安全」のためにも得しかない! クルマの新品タイヤは「慣らし」が超重要だった

この記事をまとめると ■タイヤは高価な消耗品だ ■クルマにタイヤを装着したら慣らし運転をするようにしたい ■慣らし運転の方法や効果について解説する タイヤの慣らしは性能を引き出すための重要な作業  クルマは買ったらずっと...

続きを読む...

速度を守るとむしろ危険!? 発炎筒はほぼ捨てられる運命! いまこそ見直し必須の「道交法」3選+1

この記事をまとめると ■「道路交通法」のなかでも時代に合わない法規をいくつかピックアップ ■発煙筒に関しては毎年1千万本以上が無駄になっている可能性が高い ■事故や渋滞の原因などになるものも多いので改善を求めたい いまだ...

続きを読む...

ベンチレーテッド・スリット・ドリルド・2ピースって? クルマの「ディスクブレーキ」をわかりやすく解説

この記事をまとめると ■ブレーキにはディスク式とドラム式があり、現在は多くのクルマでディスク式が採用されている ■ディスク式の構造にはソリッドタイプとベンチレーテッドタイプがあり、後者は放熱性に優れる ■ディスクの処理に...

続きを読む...

子どもハートに突き刺さったのは伝説の国産スーパーカー! 【いつか乗ってやる! 子どものころに憧れたクルマ〜山本晋也編〜】

この記事をまとめると ■自動車コラムニストの山本晋也氏が憧れたクルマを振り返る ■スーパーカーブームのころにはすでにクルマ好きではあったが欲しくはならなかった ■モーターショーで見て衝撃を受けたクルマを愛車として迎え入れ...

続きを読む...

いまの軽自動車が霞むほどの個性の塊! 1960年代の軽自動車がヤバイくらい面白い

この記事をまとめると ■日本のモータリゼーションは軽自動車によって育ってきた ■その代表といえるのが1958年に登場したスバル360 ■今回は1960年代に売られていた軽自動車を振り返る 軽自動車という規格が日本の自動車...

続きを読む...

「私道」って自宅の庭と同じじゃないの? なのに速度違反で警察に捕まる「私道」がある理由

この記事をまとめると ■道路は公道と私道に分別することができる ■私道のなかにはみなし公道と呼ばれるものがあり、道路交通法が適用される ■特定人物しか走らない場所は公道ではなく道交法の適用外だが、重大事故などの場合は警察...

続きを読む...

デイリーランキング